これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2017年10月15日のぱたぱた

0

    皆さんは世界の村で発見「こんなところに日本人」という番組ご存知ですか。

    海外の秘境に一人住む日本人をタレントさんが道なき道を超えて、尋ねてい

    くという内容のものです。

     

    私はこの番組を時々見ながら、いつもひとりの友人のことを思い出していま

    す。

    その友人は20代の頃に音楽を通じて知り合った人です。初めてあった時の

    彼女は大人びた表情で、何に対しても熱く自分の思いを語る人でした。後で

    同い年と知り驚いたことを昨日のことのように思い出します。

    その当時、彼女はラテン音楽を愛し、私はといえばシャンソンに夢中でした。

    彼女は会う度に、いつかはラテン音楽の中心の中南米に移住したいと語って

    いました。そして彼女のもう一つの人生の目標は、教育を受けられない子ど

    もたちに勉強を教えることでした。

    当時の私といえば、彼女が話すことをただ聞くだけで、将来のことを一緒に

    語り合うことなどできない自分を恥ずかしいと思いながら、いつしか距離を

    置くようになっていました。

    30歳を過ぎた頃、彼女から1枚のはがきが届きました。そのはがきから彼女

    が中南米に行ったことを知りました。それ以後5年か10年に一度忘れた頃

    に、彼女から届くたよりには、大自然の中での彼女、現地の子どもたちと笑

    う彼女、生き生きと、大きく呼吸をしている息使いが伝わってくるようなハ

    ガキです。

    私が返信したはがきが届いているかはわかりませんが、彼女の居住先はいつ

    も変わっており、秘境かどうかは定かではありませんが、少なくとも都会で

    はないようです。

    4年前還暦に10年ぶりにはがきが届きました。

    彼女は結婚、離婚を繰り返し、相変わらずラテンの音楽に魅了され、新しい

    パートナーと伴に、現地の子どもたちに勉強を教えているという内容でした。

    最後に外見は歳をとったが、熱い気持ちは何も変わっていない。まだまだや

    らなくてはいけないこと、やりたいことが沢山あると書いてありました。

    初心を貫く!自分が大切だと思うことに、とことん拘る!そんな彼女を思い

    出し、日々の暮らしに流されそうになりながらも、私も頑張らなくては思い

    ます。

    10月10日衆議院選が公示され、議員たちは右往左往しています。連日テ

    レビは安倍さん、小池さん、その周りを取り囲む人々の話題ばかりです。

    周りに振り回され、数の原理に踊らされ、目的のためには手段を選ばず・・・

    疲れる・・・

    大切なものを見失うことのないようにと、彼女と重ね、そんなことを考えて

    います。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    | 1/103PAGES | >>