これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2018年1月15日のぱたぱた

0

    新年を迎えてのお正月気分も瞬く間に過ぎて、もう1月も半ば。この早さで

    1年があっという間に過ぎるのではと今から心配している。

    ここ最近、社会の暴力に対する意識について考えてしまうことが続く。

    昨年から連日報道されていた元横綱日馬富士の暴行事件。この一連の騒動の

    中での“暴力”の受け止め方に驚いている。「スマートフォンをいじっていた

    ので腹を立てて平手で殴った。さらににらみ返してきたのでリモコン等で殴

    った。謝罪していれば殴らなかった」との発表があった。DV加害者が暴力

    を振るうときのパターンと重なる。「妻に謝罪がないから殴った」という、暴

    力の原因は相手が謝罪しないからという言動に似ている。なぜこのようなこ

    とが起きたのか、そのことに問題があるのではと思っていると、貴乃花親方

    の対応に問題があるとして、その後は貴乃花親方のとった行動に焦点が移っ

    ていく。

    今回の騒動から力士たちは何を学んでいくのだろうか。被害が明るみに出た

    ら大変な騒動になるという捉え方だけが残るとしたら、これからも誰も声を

    上げず、暴力は温存されていくだろう。明るみに出た行司の式守伊之助の未

    成年の若手行司へのセクハラ行為も同じだ。被害を経験した人、声を上げた

    人が非難され、苦しむことのない社会になるために、暴力は許されないとい

    う意識をもつ社会になるために、私たちがこれらの問題をどう理解してどう

    見続けていくかが重要になる。私たちの視点が社会の意識を変えていくこと

    にもつながる。相撲界だけにとどまらない。私たちの社会で起きているさま

    ざまな社会現象や事件を、私たちはどう読み解いて捉えていくのか、その力

    をつけていくことが社会を変えていく大きな力となる。

    2月3日、4日アドヴォケイト講座のテーマは「犯罪とジェンダー」。社会構造

    から問題を見ていく力、ジェンダー問題を読み解く力を鍛えていきます。3月1

    0日、11日の専門講座では、この社会構造の中で最も弱い立場に置かれてい

    る少女と若年女性に焦点を当てます。声を奪われた人々、声を上げられない人々

    への支援、これから私たちがとるべき行動について考えていきます。ぜひ一緒

    に学び力をつけていきましょう!

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    | 1/112PAGES | >>