これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2017年12月15日のぱたぱた

0

    今年も残り僅かとなった。年末になると「今年はどんな一年でしたか?」と

    テレビの中から問われたり、「今年の十大ニュース」とか「●●大賞」など何

    かと振り返る動きがある。

    私も振り返る。・・・やはり「110年ぶりの刑法改正」を取り上げたい。世の

    状勢からは「山が動いた」ほどの大きさだ。獲得できたものと同時に、この

    報道によって「性暴力に対する日本の意識の遅れ」問題を多くの人と共有で

    きる機会でもあった。そして、長年沈黙していた多くの被害者の方が声をあ

    げることにもつながっていると実感している。

    しかし、角田由紀子さんが被害者不在の性犯罪をめぐる司法の問題を月刊『世

    界』20181月号(「性暴力と日本社会」の特集)で書いておられるように、

    残された課題は大きい。「刑法の一部は改正されたが、運用する側の頭の中を

    憲法とジェンダー認識に従って、『改正』するのは容易ではない」とのこと。

    そして、次の改正に向けて今後もしっかりと注視していかなくてはいけない。

    カウンセリングで刑法改正のことや性暴力犯罪の捜査の問題について話し合

    うことも多くある。共有できることが増え、変化を得たことで力づけられる

    一方、現実の壁はまだまだ大きい。「声を上げてもやっぱり泣き寝入りしかな

    いんですか」(加害者を罪に問えない理不尽さ)と言われた言葉を抱えたまま

    である。

    昨年から続いているDV被害者と子どもたちを脅かす「親子断絶防止法案」

    の動きも、ウォッチングし続けよう。最近、男女共同参画センターの新着図

    書コーナーで見つけた本は、一押しだ。『国家がなぜ家族に干渉するのか〜法

    案・政策の背後にあるもの』(本田由紀/伊藤公雄編著)は、家庭教育支援法、

    親子断絶防止法、官製婚活、自民党改憲草案24条等、について読み解いて

    くれる。目と耳と口を磨かなくっちゃ!

    実は今、福島県にいる。避難指示区域が解除され帰還した方の話を聴いた。

    「報道は健常者の声ばかりだ。あっても子どもと高齢者の話だ。障害をもっ

    た自分の声は消されていく。受け入れ可能と言うから戻ったのに。誰に言え

    ばいいの?」と問われた。2011年の課題を私たちは持ち続けている。ここへ

    の新幹線では、ノーベル平和賞受賞式でのICANの被爆者サーロー節子さん

    の演説全文に読みいっていた。自身の声を発することをサポートするフェミ

    ニストカウンセリングは、聴いた声にどう応答するか、責任(responsibility

    をもつ。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    2017年12月1日のぱたぱた

    0

      10月、丸々1か月ギプスに松葉杖という生活を余儀なくされました。

      足首の靭帯を切ったのです。整形外科の医者は「松葉杖つくと、世の中捨て

      たもんじゃないと思えますよぅ〜。たまにはいいでしょ!」とおっしゃいま

      した。

      さて皆さん、どうだったと思います?

      いいことは3回しか(も?)ありませんでした。

      電車のどの座席に座ったら松葉杖の私が楽かと考えてくださった若い男の人。

      私を座らせたい座席の人とご自身が座っている座席の交換を交渉してくださ

      いました。びっくりポンです。これは「すてたもんじゃないどころか、凄い!」

      ですよね。

      あと二つは、エレベータに向かって歩いていたら、私の前を歩く男性がエレ

      ベーターボタンを押して通り過ぎて行きました。同じことを若い女性もして

      くださいました。自分たちは利用しないのに、松葉杖と荷物を持っている私

      の為にです。これも「すてたもんじゃない」でしょ?!この次は私もしよっ

      と、と思いました。

      悲しくなることは毎日ありました。

      まず松葉杖を蹴られること。何気に間違ったふうにチョイと蹴る。2回も繰

      り返されると悪意があるとしか思えません。気の小さい私は睨み返すことも

      出来ず…。

      あとは舌打ち。明らかに邪魔くさいという風に私の顔を見ながら追い越し際

      に「ちぇっ!」。

      あまり毎日だと心が折れる。

      電車で立つときも、松葉杖はコートで隠し気味にしたり、ドア口の壁に寄り

      かかって松葉杖が見えなくなるよう工夫?したり。

      優先席前に立っても譲られることは10回に1回くらい。多分気の弱い人。

      見て見ぬふり、寝たふりが多かったなぁ〜。私の通勤電車は一駅間が長いの

      で、朝にしても夜にしても皆さんお疲れです。立ちたくないよなぁと思いま

      す。

      1か月も近くなって気づいたのは、邪魔にならないように、迷惑をかけない

      ようにと思うようになったことです。世の中からいらないよ、と言われてる

      感じがし始めました。

      たった1か月でこんな気持ちになったのです。

      これは大変にいい経験をさせてもらえました。今後の私の生き方に大いに影

      響を与えられたと思います。そういった意味では、整形外科医の一言も意味

      あるものになったかな。

      とにかく皆さん、エスカレーターは立ち止まって昇降しましょう!決して走

      り降りたりしませんように!  

       

      *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

      2017年11月15日のぱたぱた

      0

        23条 公民館は、次の行為を行ってはならない。

        一 もっぱら営利を目的として事業を行い、特定の営利事業に公民館の名称

        を利用させその他営利事業を援助すること。

        二 特定の政党の利害に関する事業を行い、又は公私の選挙に関し、特定の

        候補者を支持すること。

        2 市町村の設置する公民館は、特定の宗教を支持し、又は特定の教派、宗

        派若しくは教団を支援してはならない。

         

        社会教育法で公民館がやってはいけないと定められているのが、商売、政

        治、宗教。そしてそうした活動を援助すること。「商売について考える」学習

        会はいいけど、教材を売ってはいけない。会場を貸すことは援助することだ

        から、商品説明会や即売会もアウト。政治も「政治について考える」学習会

        はいいけど、「〇〇党ご紹介イベント」や「○○君を応援する会」はいけない。

        「般若心経を読む」とかいう学習会はいいけど、宗教の教義に乗っ取った儀

        式や集まりに会場を貸してはいけない。最近では「憲法を守ろう」という集

        まりが議論が分かれる問題だという理由で使用を断られたなどということも

        聞きます。「憲法」は特定の政党でも候補者でもないにもかかわらずです。

         

        それらしいものは一切ダメとしているのかもしれないと思いますが、この三

        つは、私たちの日常でも、借金とともに「人間関係を壊すもの」的扱いを受

        けています。これらを話題にすることそのものに忌避感を持つ人もいます。

        だけど、商売と政治と宗教について話をしないとなったら、何について話を

        する・・・?同じ職場の人間同士なら、この三つに触れなくても話が盛り上

        がるかもしれません。だけど、そうでない者同士の場合は・・・・?無難な

        話とされているのは、天気、スポーツ、食べ物、それと旅行の話や話題にな

        っているテレビドラマの話などです。つまりあたりさわりのない話題。これ

        がおもしろくないとなったら、ゴシップや噂話に走ることになります。

         

        あたりさわりのない話題は情報交換、井戸端会議です。別名世間話。世間話

        も悪くはありませんが、もっと中身のある話をしたいと思っている方も少な

        くないはず。中身のある話の一つが政治の話です。この場合の政治とは投票

        行動や政党の話、例えば希望の党がどうなるかとか、次の代表は誰になるか

        というような話ではありません。この社会ではどのように物事が決められ、

        どのように動かされているのかという話です。それとこうあってほしいと考

        える社会の姿があれば、つまり構造を見る目を持ち、その構造に働きかける

        意思、社会変革の意志があれば、話はおのずと政治的なものになるはず。社

        会変革を考えることは政治的に考えていることに他ならず、「個人的なことは

        政治的なこと」と考えるフェミニストは政治的にならざるを得ないと言えま

        す。

         

        123日、「個人的なことは政治的なこと」の原点に立ち返り、フェミニズ

        ムについて語り合います。新しい時代のフェミニズム、今再びめぐってきた

        フェミニズムの新時代とはどのようなものなのか。北原みのりさんと具ゆり

        さんのお話です。きっと元気が出るはず。大いに話し、大いに笑いあいまし

        ょう。

        そして2月、アドヴォケイト講座のテーマは「犯罪とジェンダー」。社会構

        造と密接不可分の社会現象である「犯罪」。そこで裁かれているものは何なの

        か。単純な善悪では論じられない複雑さを、しかと見ることで、私たち自身

        の社会構造を見る目、ジェンダー問題を読み解く目を鍛えます。

        そして3月専門講座では、この社会構造の中で最も弱い立場に置かれている

        少女と若年女性に焦点を当てます。少女たちを放置し、搾取し、傷つけてい

        るこの社会のありようを知るだけでなく、大人の側に立っている私たちの責

        務についても考えます。いずれも、私たちの前に立ち上がっている、古くて

        新しいフェミニストカウンセリングのテーマです。

        12月、2月、3月と次々に講座があります。時間の都合、お金の都合がある

        とは思いますが、いずれも今、最前線の内容です。是非ご参加ください。

        なお、専門講座の会場が決まりました。埼玉県男女共同参画推進センター

        With You さいたま)。初めての埼玉県での開催です。

         

        *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        | 1/21PAGES | >>