これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2018年9月15日のぱたぱた

0

    93日から日本各地で猛威を振るった台風21号の被害に遭われた皆さま、

    96日未明に北海道胆振地方中東部を襲った地震によって被害に遭われた

    皆様に心よりお見舞い申し上げます。

    台風21号の桁外れだった強風により、関西では大阪を中心に甚大な被害

    が出た。また北海道地震では、広範囲にわたる土砂崩れが起き、多くの方々

    が亡くなられた。被害の爪跡は大きく日常を取り戻すまでにはまだまだ時間

    がかかることと思う。そして被害に遭われた方々の恐怖が軽減していくには、

    多くの時が必要である。まずは安全で安心な環境の確保が優先されるが、相

    談業務に携わる私たちに何ができるのだろうかと考えながら、第一回公認心

    理師の受験日を迎えた。

    日本フェミニストカウンセリング学会は、2015 年に制定された公認心理

    師法の施行にあたり、20172月に厚生労働大臣と文部科学大臣宛に公認心

    理師法の経過措置における受験資格に対する要望書を提出した(賛同団体と

    して全国女性団体協議会、全国シェルターネット)。その内容は2点あり、

    1.実務経験が認められる施設に、配偶者暴力相談支援センター、連携機関

    としての民間シェルターなどの民間支援団体、また男女共同参画センターを

    含める、2.非常勤勤務の者が多いため、「5年以上かつ5000時間以上勤務

    していることとする」という要件に満たない場合、条件の緩和、もしくは何

    等かの補填措置を考慮に入れる、というものだった。

     そして今年20182月から「現任者講習会」(4日〜5日間実施)が全国

    各地で開催された。この講習会の課程を修了し、かつ5年以上業として行っ

    た者には受験資格の特例が設けられた。(詳しくは厚生労働省、または日本心

    理研修センターHP参照)

     過去の臨床心理士資格試験においても、私たちの業務に関連の深いDV法

    に関する問題は出題されている。例えば、家庭内暴力に関する次の記述のう

    ち正しいものを選べという問題(2016年出題)では、A.配偶者暴力防止法

    は、生活の本拠を共にする交際関係を解消したあとでも適用される。B.「保

    護命令」に関する規定については、心理的な苦痛を伴う言語的暴力も対象に

    している。C.DV被害に遭った親子を支援するには、配偶者暴力相談支援

    センター、福祉事務所、警察、地方裁判所など、多様な関係機関との連携が

    必要になる。D.配偶者暴力防止法においては、女性の被害者をその対象と

    している。(答えは、AとCと発表されている)

     第一回公認心理師試験でも、DV防止法に定める内容に関する問題、強制

    性交等罪の被害に遭った女性の症状を問う問題が出題された。試験範囲が広

    い上に、基礎を理解した上での応用を問われる問題が多かったという評価が

    散見される。学会としては、希望される会員には前向きに認定フェミニスト

    カウンセラー資格を取得していただき、さらに希望されれば心理技術職とし

    て国家資格になった公認心理師資格取得の後押しができればいいと考えてい

    る。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    2018年9月1日のぱたぱた

    0

      夏の巡回ラジオ体操、ご存じですか?毎朝6時半からやっていました(年中

      6時半からやってますが)。

      夏休みの間だけ日本国中をめぐり、子ども達の元気な歌声でそれは始まりま

      す。町の紹介もコンパクトにされるので、居ながらにして1ヶ月で日本一周

      した感じになりました。努力、忍耐、汗かく嫌いな私はベッドに潜ったまま、

      頭の中で体操していました。

      明後日から2学期が始まるところ、既に始まっているところいろいろですが、

      先週から子どもの自死のニュースが何件か目につきます。自死までいかなく

      ても、私のまわりに学校に行けない、行きたくないという子ども達がいます。

      その中の何人かは「生産性がない」に反応して、夏休み中、気力を失ってい

      ました。「どうして生まれちゃったの?」「生きてていいの?」「希望が持てな

      くなった…」と小さな胸を痛めています。ここ数年来のセクシュアル・マイ

      ノリティの可視化により、親子共々希望を持ち始めた矢先、議員のとんでも

      発言、新潮45の記事や動画に強いショックを受けています。

      発言した議員は時間薬の効力を期待しているのか、沈黙したまま。そのうち

      人は忘れるだろう、とでも思っているようです。

      昨日は自民党本部の性的指向・性自認に関する特命委員会委員長 古屋議員に

      署名26650筆を持っていきました。LGBT差別を繰り返す議員に、自民党

      はきちんと謝罪会見させてください!というものです。古屋議員は不在、事

      務職員が受け取るという、悲しいかな塩対応でした。ただ、メディアが数社

      か取り上げてくれ、署名を渡した1時間後にはネットニュースに流れていま

      した。

      「ごめんなさい!」の一言が何故言えないのか!

      自民党本部に一緒に参加した小学生は、「悪いことしたらごめんなさいって、

      教えられたことないのかなぁ〜」と呟いていました。

      ある講演会で心に残った言葉です。

      若い母親の言葉「私の子どもはLGBTかもしれない。違うかもしれない。

      でも、当事者であることを理由にいじめられる子にも、いじめる側の子ども

      にも育ってほしくない!」

      子どもたちが涙で頬を濡らすことのない社会に、すべての子どもに生きづら

      さのない未来を先頭に立って考えてくれるのが、議員という人達なのでは

      …?と、残暑の中、うだうだと思うのでした。

       

      *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

      2018年8月1日のぱたぱた

      0

        友人の訃報が届いた。40年ほど前、知らない地での初めての子育てと、

        子どもと二人だけの毎日にストレスを溜めていた私に声をかけ、近所の母親

        グループに誘ってくれたのが彼女だった。

        其々が転居などで離れてもグループの集まりは続いた。当時流れていた「2

        4時間戦えますか!」のCMのように夫たちは戦士となり、「良妻賢母」「三

        歳児神話」「母は家庭の太陽」、中でも「母原病」は流行語となって、多くの

        母親が子育ての中で「私が悪いのだ」と、悩み苦しんだ。子どもの手が離れ

        るとM字型就労、非正規就労で日本の高度成長期の使い勝手の良い安価な労

        働力となった。国は年収103万円の配偶者控除の壁と、第3号被保険者の

        国民年金保険料免除と言う不思議な制度を作った。サラリーマンの妻たち

        は、家族に迷惑を掛けない事を条件にパートで家計を支えた。思えば、

        えるほど、いや怖いほど国の思惑通りに生きた。私たちはその世代だった。

        今も、国連女子差別撤廃委員会は、日本に有る家父長制や固定的性別役割

        分担を懸念し、政府に改善勧告を出している。女性を取り巻く状況が大し

        て変わっていない事にあらためて驚く。女性差別を表すジェンダーギャッ

        プ指数は順位を下げている。

        フェミカンと出会いチョッとばかり学んだ私は、友人たちとのかみ合わな

        さに違和感を抱きながらも、彼女や皆に会う事を楽しみにしていた。話題は

        年を経るにつれ移り、近頃は体調や病気の話しも出るようになった。彼女は

        病を得たと話したが、いつもと変わらない穏やかな口調で大丈夫だと告げた。

        安堵した。今では最後となった二年前の集まりは、彼女の家だった。別れ際

        に私は「来年は私ね!」と告げ、皆で再会を楽しみに別れた。今、忙しさに

        かまけて約束を守らなかったことを、心から悔いている。

        葬儀は親族のみで済まされ、お別れはできなかった。置いてきぼりになっ

        た様な感覚だけが残った。

         

        *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        | 1/27PAGES | >>