これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2017年9月15日のぱたぱた

0

    時々顔を見かけると挨拶をしたり一言二言声をかけたりするけれど、なかな

    か距離を縮めることができてなかった女子高校生がいます。この夏、地元に

    坂本龍馬展がやってきました。どうも彼女が初日に先着で配布される坂本龍

    馬のクリアファイルを求めて出かけたけれど手にはいらなかったらしいとい

    う話を耳にしました。私は何十年も前に今でいう「歴女」時代があり、この

    話題をきっかけにして声をかけようと思いました。「坂本龍馬の書だとか刀だ

    とかが展示されていて、中高生の女子がたくさん来場していた」などと時折

    笑顔を浮かべながら話してくれました。「そうなんだ。今の若者もそうなんだ

    なあ」と私は感心しながら、彼女と思いもよらず共通の話題で話ができて少

    しは彼女と近づけたかなとうれしい気持ちになっていました。すると会場の

    写真だと同僚が見せてくれた画像には、中高生の女子たちが長時間並んで手

    に入れたというクリアファイルは、あのはるか遠くを見つめるようなまなざ

    しの坂本龍馬の写真ではなく、おそらく実物とは程遠い、ゲームのキャラク

    ターのような侍風で刀を斜め構えたキャラクター化された坂本龍馬らしき?

    人物が映っていました。それがどうしたと思われるかもしれませんが…私は

    あっけにとられたのでした。彼女たちのお目当ては、坂本龍馬の書でもなく

    刀でもなく、そのキャラクターだったのです。私は彼女と全く違うことを頭

    に思い浮かべながら話をして彼女との会話が成り立っていると思っていたの

    です。「日頃あまり話をしたことなかったAちゃんと話ができた」とちょっと

    うれしく思っていた大勘違いの自分に笑えてくるは、「もしかしたら私に合わ

    せてくれていたのかな…?」とちょっとへこんだりして…。

    日ごろ高校生など若い世代のカウンセリングをしている時に、彼らから発せ

    られる言葉をきちんと理解できているのかということに結構気を付けていま

    した。彼らが使っている言葉の意味と私が考える意味とが違っているという

    ことが多々あるからです。わかったふうに聴いてはいけない、わからなかっ

    たら、いやいや、こういう意味かなと思っても「それはこういうことかな?」

    ときちんと確認せねばいけないと意識しながらやっていたつもりでした。今

    回のことはカウンセリングではありませんが、改めて、自分が知っているこ

    とはほんの一部だということを頭に置いていないとだめだなと痛感しました。

    まあ大人同士でも言葉が通じない、ずれていたということは多々ありますが、

    やはり若い世代とのコミュニケーションの難しさを感じています。若い世代

    を取り巻く社会状況やその変化についていけてないという無力感と同時に、

    社会の中で翻弄されている若い世代の実態を知れば知るほどフェミカンを届

    けたいという思いは募ります。思いは通じると信じたいけれど、思いだけで

    はだめですね。自分の言いたいことだけ伝えようとする「自己満足でやって

    いるおばさん」にならないようにと心して、「相手に対する興味関心、知恵工

    夫、そしてあきらめないことを続ける」ですかね。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    2017年9月1日のぱたぱた

    0

      どうしたらフェミカンをもっと世の中の人に届けられるかな、フェミカン

      を一緒にやっていける仲間が増えるかな、と日々考えています。心の健康の

      重要性が叫ばれる今日、カウンセリングのニーズは高まっています。私は男

      女共同参画センターや福祉施設、大学などの現場で仕事をしていますが、さ

      まざまな場面でフェミカンのアプローチが有効だと実感しています。

      私たちFC実践者の強みは、通常のアセスメントにジェンダー分析を加え

      てクライエント理解ができること、そして、なんといっても自己主張トレー

      ニングや自己尊重トレーニングのファシリテートができることですね!こん

      なことを意識しながらカウンセリングの力を高め、雇われやすさ(employability)

      も高めていくのがキーのように感じています。

      秋はFC関連の講座が各地で行われます。因みに私は明日からの3日間名

      古屋で臨床技法コースIIでATを勉強してきます。同じような意識で現場で

      がんばっている全国の仲間と会って自分自身がエンパワーされるのが何より

      も楽しみです。

       

      *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

      2017年8月15日のぱたぱた

      0

        東北で生まれた私の子どもの頃の夏の記憶は、地域の七夕祭りと山車が練り

        歩く夏祭り。夏休みに入ると太鼓や笛のお囃子の音があちこちから聞こえて

        くる。浴衣を着せてもらい露店が並ぶ祭りの会場に一刻も早く行きたくて慣

        れない下駄で走った。東北の夏は短くお盆が過ぎると秋の気配となる。あの

        頃の東北の夏は猛暑や台風より冷夏の影響が心配だった。

        ここ数年、日本の気候が変わってきた。北海道での35度を超える猛暑日の

        記録。甚大な被害となる豪雨、猛烈な雨と落雷がこの夏にも繰り返し報じら

        れている。記録的な気温の上昇の異常さに私たちはいつの間にか慣らされそ

        れが日常化されてきている。その背景にある、取り組まなくてはいけない地

        球温暖化の問題はいっこうに進まない。

        気候だけではない。明らかに多くの人が不当と見なす出来事や社会を揺るが

        す問題も、いつのまにか私たちはそのことに少しずつ慣らされて忘れてしま

        うことすらおきる。慣れてしまうことで問題が見えなくされたり、問題がな

        かったことにされてしまうことも私たちの社会で起きてきた。また、問題と

        気付いても生きていくために受け入れていくしかない社会の仕組みや制度も

        ある。抵抗する術さえゆっくり奪われていくこともある。

        『茹でガエル』という寓話がある。急激に温度を上げるとカエルは熱さに驚

        いて飛び出すが、水からゆっくりと少しずつ温度を上げるとカエルは緩やか

        な変化に気付かず飛び出すタイミングを失いゆで上がってしまうという話。

        実際のカエルでは有り得ない話だそうだが、人間にはさまざまに重ね得る例

        え話だ。

        いつのまにか“当たり前”と慣らされてしまうことの怖さを、あれこれと想

        像する。人は脅かされたり危険にさらされることなく安全に安心して生きる

        権利を持っている。社会の問題や権力の仕組みに気付き可視化していくフェ

        ミニストカウンセリングの視点を多くの人に広げられたらと思う夏の夜であ

        る。

        8月から9月、10月と、臨床技法コース機↓供↓靴判室造靴森嶌造続きま

        す。フェミニストカウンセリングならではの理論と実践をぜひ一緒に学びま

        しょう。

         

        *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        | 1/19PAGES | >>