これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年9月15日のぱたぱた

0

     99日に関東を直撃した台風15号の影響で、1週間近く経った今も千葉

    県では停電が続いています。残暑厳しい中、被害に遭われた皆さまに心より

    お見舞い申し上げます。

     

     台風や豪雨の被害は“地域”で起きるので、リスクを抱えた人たちがより

    大きな影響を受けるという事実はあるにせよ、地域住民はある程度被害を共

    有できる。しかしDVや性暴力被害を地域で共有することはとても難しい。

    2019年度も前半期が終わろうとしている。624日にひょうごDV被害者

    支援連絡会主催で行った『TICからみた DV被害者×コミュニティケア』

    について報告をしたい。

    TICTrauma informed care)=トラウマインフォームドケアとは、トラウ

    マが人に与える影響を理解したかかわり=ケアのことをさす。講師に招いた

    Dr. Eugen Kou(精神科医・精神分析精神療法士)は、1980年代後半より、

    ガンやエイズ患者の緩和ケアやアボリジニの人々のケアに取り組み、15年以

    上にわたり性的虐待、ホロコースト、自然災害のサバイバーなどのトラウマ

    を経験したコミュニティに対するケアに取り組んでこられた。

    それらの経験を踏まえて、前半は「トラウマの理解と治癒」をテーマに講義

    いただいた。「ストレスと苦痛の経験を理解し処理できる」ということは、「自

    分の身に何が起こったのか理解できていること」、「出来事による自分への影

    響に気づくこと」、「出来事による自分の感情を知ること」、「なぜそれが起き

    たか理解すること」である。しかし処理できなかった場合、トラウマは隠さ

    れ長期間にわたって影響を及ぼす。そして何かが引き金になり、過去のトラ

    ウマが出現する。再びそれを隠そうとするが、度重なる隠れたトラウマの出

    現により感情が爆発したり、機能停止状態に陥り、自死に至ることさえある。

    このようなトラウマの治癒の第一歩は、理解と共感がある「安全で支援的

    な環境」を作り出すことで、「恥を克服する」手助けができる。周りの人が理

    解していると感じるとき、恥についてあまり心配しないか、もっと耐えられ

    るものになる。トラウマの治癒には、長い時間がかかるので、“慎重に、ゆっ

    くり、やさしく”快適に感じられるペースで進めていく必要がある。トラウ

    マを抱えた人は、安全で支えられていると感じられないと話すことができな

    い。プライバシーと尊厳が保たれ、恥が共感と思いやりで克服できる「感情

    的に安全な環境」を必要としている。

    後半は、架空事例について参加者同士がディスカッションすることで、ト

    ラウマのケアに欠かせない『コミュニティケア』という概念を理解し、DV

    害者を取り巻く多様な支援ネットワークを構築する一助とした。DV被害女

    性を支えるためには、その行動の背景にあるトラウマに配慮して、彼女の強

    み(ストレングス)を認め、すべての女性にとって安心・安全で過ごしやす

    い社会にする=コミュニテイケアが必要であると共有した。 

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    2019年9月1日のぱたぱた

    0

      今回の豪雨によって影響を受けられたみな様に、お見舞い申し上げます。

       

      20021月、当学会は市ヶ谷に事務所を構えました。

      前年の1112月の寒い日に、フェミニストセラピィ“なかま”の海渡捷子

      さんと一緒に不動産めぐりをしました。新宿区、千代田区と見て回り、九段

      4丁目に落ち着くことが出来ました。

      事務室と会議室、トイレ、キッチン(一度も使う事はありませんでしたが…)

      付。

      フェミニストセラピィ“なかま”に置かせて頂いた荷物を赤帽で運び入れま

      した。

      FC東京の遠藤智子さんにも大変お世話になりました。吉祥寺(だったと思

      います)のリサイクルショップに同行してくださり、事務机、会議机、冷蔵

      庫、電子レンジ等を買いました。

      その帰りに、井之頭公園近くでメチャクチャ飲んだのを懐かしく思い出しま

      す。

      あれから17年、認定フェミニストカウンセラー、認定フェミニストカウン

      セリング・アドヴォケイターがこの事務所で試験を受け、80名近い方たちを

      送りだしました。

      パープルダイヤル実施中の東日本大震災。その時受けた本箱の怪我、ガタガ

      タで引っ越し業者が運搬中に崩壊するかもと脅かされましたが、どうにか新

      事務所に運ぶことが出来ました。これは当時を忘れないためにも大切な学会

      の備品です。

      引っ越し準備を始め出して面白いことが起こりました。冷蔵庫が突然プチン

      と切れたのです。中古品を買って17年、良く頑張りました。引っ越しと聞い

      て自らお役御免としたのでしょうか…。そしてもう一つ、89日の引っ越

      し日。荷物を出した後に掃除機をかけ、この掃除機も中古品ながら良く働い

      た、新事務所でもヨロシクねと思ったところ、この子もプシューと電源が切

      れ、ウンともスンともいわなくなりました。この事務所が好きだったのでし

      ょうか。

      お隣の老夫妻「寂しくなるわ〜」と目を潤ませてくださいました。このお二

      人からは「印刷機があるのに、紙折り機がないなんて…」との一言で紙折り

      機を導入したのは2004年のことです。印刷機、複合機は何回買い換えたで

      しょう。

      そう言えば、一時期FC東京と事務所を共同で使っていた時代がありました。

      思い出が詰まった旧事務所、最後に壁にかけていた時計をはずし、今度は新

      事務所で時を刻んでと、カバンに収めました。

      鍵の引き渡し時には、海渡さんにも立ち会って頂きました。海渡さんにとっ

      ても思い入れのある事務所です。二人で鍵を返し終えたときは何とも言えぬ

      思いでした。

      長い長い17年でした。新事務所ビルは、ビルのオーナーさんが住んでいる

      こともあり、清潔でこざっぱりしています。机、PC、キャビネット、TE

      /FAX付の小さな複合機が全財産。電池を新しくした時計を壁にかけ、新

      しい始まりです。

      東京都千代田区神田小川町3-2-2 天心舘ビル102

      大学、大病院、スポーツ店、楽器店、書店と正にお茶の水です。

      事務所は縮小しましたが、今後の復活に希望をもって前進あるのみです。

      ちょっとセンチな引っ越し雑感になりました。 

       

      *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

      2,019年8月15日のぱたぱた

      0

        今年の夏はあれこれ記憶に残る夏になりそうな気がする。

        一つ、74回目の終戦記念日(敗戦記念日)は台風10号の暴風雨の中で迎える

        ことになるということ。

        二つ目。京都アニメーションの事件。ブラックな働き方が当然とされている

        アニメ業界のなかで社員を大切にすることでも知られていた会社だった。

        三つめ。それとは真逆に 全く人を大切にしない国の姿。8月に入り次々と放

        送される戦争を振り返る番組の中でのわが国の姿だ。

        人を「大切にしない」の主語は「国」だが、人を主語にすると「大切にされ

        ない」になる。何にか?国にだ。そう、私たち、というか私たちの父母、祖父

        母、叔父、伯母達、さらには曽祖父、曾祖母、大叔父、大叔母・・・は国に

        大切にされなかった世代の人々だ。では今私たちは国に大切にされているだ

        ろうか?

        四つ目。熱中症による死亡者数。729日から84日までの熱中症による

        救急搬送者は昨年同期の1.5倍。毎日新聞(810)によると88日まで

        に熱中症((疑いがあるケースを含む)で死亡した人は少なくとも162人。95

        人が屋内で発見されている。屋内で亡くなった人の9割がエアコンを使って

        いなかったり、エアコンが設置されていなかったとのこと(東京都監察医務

        院)。この暑さの中でエアコンがない!!

        昨年の5月〜9月までの熱中症で救急搬送された人の数は95,137人。死

        亡者数は159人。今年の方が多い。というより、この酷暑と熱中症による死

        亡者増は既に昨年から始まっていたのだ。ちなみに統計の取り方が同じ2014

        年からで死亡者数が100人を越えたのは2015年の102人だけである。2017

        年の死亡者数は46人、その前年は58人。昨年と今年(現段階)の死亡者数

        はほぼその3倍。通常の感覚なら異常事態に入れる人数ではなかろうか。

        「高齢者の朝の救急搬送が増えている。エアコンのつけっぱなしに慣れてお

        らず、寝る前に切って就寝中に室温が上がり、熱中症になる人も多いのでは

        ないか。」とは北里大病院救命救急・災害医療センター長の言。つけっぱなし

        になれていないのは夏が終わったときの電気代が恐いからだ。国民健康保険

        料が上がり、介護保険料が上がり、医療費が上がり、年金がさがる。10月に

        は消費税もあがる。その中で電気代がたとえ1000円でも高くなるのを避け

        たいと思うのはあたりまえのこと。災害級の暑さに対して、何の対策もせず

        に、昨年を上回る死亡者を出している国。私たち大事にされてる?貧困高齢

        者は大事にされてる?カジノよりもオリンピックよりも大事なのはエアコン

        をつけずに寝て命を落としているこの人たちではないのか?

        そう言えば、オリンピック、この暑さの中で本当に開催するのかしら。暑さ

        でボランティアが死んでもかまわないと思ってる?何だか、転進、転進と破

        滅に向かって進んでいった75年前と同じことをしようとしているのではな

        いか?そんな気がしないでもない今日この頃、私も今年はエアコンをつけっ

        ぱなしで寝ている。

         

        *「パタパタ日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        | 1/35PAGES | >>