これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年8月1日のぱたぱた

0

    私は講師を依頼されることは有っても、話し方や伝え方を学んだことも訓

    練を受けたことも有りません。我流だけでなく伝えたい内容の組み立て方や、

    もっと伝わるスキルを学びたいと思っていました。

    やっと待ち望んでいた研修会に出会えました。76日神戸で開催された

    フェミカン主催の研修講座「伝える・伝わる 〜伝えるためのプレゼンテー

    ション技術〜」です。なのに、申し込みを躊躇したのは、参加者5名でワー

    クが有る長時間の研修はハードだと思ったからです。私を決心させたのはチ

    ラシの一文「スティーブ・ジョブズまでとはいかなくても、ご自身のプレゼ

    ンテーションの力を磨いてみませんか」に心が動いたからです。

    7時間はアッと言う間で午後の睡魔と戦うことも無かったです。プレゼン

    前に行う体操から始まり、伝わる話し方の実践、プレゼンの組み立て方やポ

    イントとなる注意点などを細かく具体的に学びました。講義毎のワークと最

    後は研修の成果を発表するプレゼンが課題でした。ジョブスまでとは行かな

    くても、皆さんの素晴らしいプレゼンに拍手も起こりました。楽しく面白く

    学べ参加は大正解でした。

    近く研修会の講師が入ってます。我流に加え、新たな学びを取り入れて組

    み立て伝わる話し方で再デビューです。研修内容に加え重要な事は「知って

    ほしい、伝えたい」の思いとパッションだと思いました。ただし熱い思いは

    時として暴走して聴き手を置いてきぼりにする場合もあるようです。

    さて、次は「書くことが楽しくなる研修講座」をリクエストします。その

    気にさせるキャッチコピーも楽しみにしています。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    2019年7月1日のぱたぱた

    0

      皆さんもご存じのように、#MeToo、#WithYoo、そしてフラワーデモと、

      女性たちの声が大きなムーブメントになっています。このような状況の中だ

      からこそ、FCがもっと周知され、FCに関わる人が増えてもいいのでないか

      と、歯がゆい思いになります。これまで、FC学会は、地道に活動をしてき

      ましたが、今一歩皆さんに伝わっていない現状があります。

       先日、FCの仲間と、「FCに出会った頃の思いを忘れちゃいけないよね」

      という話が出ました。私の個人的な話をすれば、初めてのFCの講座で、結

      婚して鬱になった女性について「女性は結婚すると、名前を失い、友人を失

      い、仕事を失い、様々なものを失う…鬱になってもおかしくない」と解説を

      聞いたときの、あの衝撃は忘れられません。自分の中にあった言葉にならな

      いモヤモヤの、なぞ解きの糸口を見つけた感覚になりました。「こういうこと

      がわかるカウンセラーになりたい」と瞬間決意しました。

       あなたのまわりにも、「フェミについて知りたい」「フェミを語りたい」と

      思っている人はいるかもしれません。7202122日に静岡で「フェミ

      ニストカウンセリング入門講座」(1日)、「初級講座」(2日間)があります。

      会員以外の方でも、どなたでも受講可能です。初めての方に分かりやすく受

      講しやすい形になっています。もうすでに何度も受講した方も、新しい話題

      も取り入れていきますので、ぜひご参加ください。

       

      *「パタパタ日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

      6月15日のぱたぱた

      0

        611日に「フラワーデモ」が全国9都市で行われました。「同意のない

        性交」への無罪判決に対する抗議の活動が広がりを見せています。フェミニ

        ストカウンセリング学会の数多くのメンバーも各都市で参加している様子が

        さまざまなメディアから発信されていました。性暴力被害の当事者たちの声

        になりにくい声をどう形にしていくか、その声に寄り添った司法や行政のシ

        ステムをどう構築していくかと言うことが、今、私たちの現場でも問われて

        います。私自身は、今回デモに参加することはできませんでした。しかし、

        ITが身近になった今、その場にいなくても、SNSを使って共感したり応援

        したりすることはできます。さまざまな状況下にある当事者がそれぞれに一

        番手近で安心感のある方法でムーブメントに参加できることに、希望を見い

        だしています。今後毎月11日に「フラワーデモ」は実施される予定という

        ことで、私も声は小さいですがその時その時に可能な形で参加していきたい

        と考えています。

         

        *「パタパタ日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        | 1/34PAGES | >>