これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年4月15日のぱたぱた

0

    すでに皆さんも新聞等で目にして、憤りを感じてみえるのではないかと思い

    ます。

    2019年4月10日(水)朝日新聞(勿論他の新聞にも掲載)に次のよう

    な記事が掲載されました。

     

    「準強制性交渉無罪検察側が控訴」

    抵抗できない状態だった実の娘(当時19)と性交したとして準強制性交等

    罪に問われ、一審・名古屋地裁岡崎支部が無罪判決を言い渡した男性につい

    て、検察側は判決を不服として控訴したというものであった。

    父親である被告は、準強制性交等罪で起訴された。公判で検察側は「娘は中

    2の頃から被告から性的虐待を繰り返し受け、事件当時は被告に抵抗するこ

    とが著しく困難な状態だった」と説明。弁護側は「娘は抵抗できない状態に

    なく、性交にも同意があった」などと主張している。

    ※準強制性交等罪は、相手が抵抗などできない状態に乗じて性交をするなど

    暴行や脅迫と同程度に相手の性的自由を侵害した場合に限って成立する。

    地裁岡崎支部は3月26日にあった判決で、性交について同意はなかったと

    認定。一方で、「被告は娘に長年、性的虐待等を行って精神的な支配下に置い

    ていたと言えるが、強い支配従属関係が形成されていたとは認めがたい」と

    指摘。準強制性交等罪の成立の要件となる抗拒不能(抵抗が著しく困難)の

    状態だったかどうかについては「断定するにはなお合理的な疑いが残る」と

    して無罪を言い渡した。

    このような判決が出された経緯はどのようなものであったのか。私たちフェ

    ミニスト、性暴力被害者支援をしてきた人間にとっては、被害者の置かれた

    状態では、抵抗できない状態は、当たり前と理解できるものも、そうでない

    人たちには「断定するにはなお合理的な疑いが残る」???と言わしめる。

    驚くべきことです。

    「18歳未満の者に対して、監護者の影響力に乗じて性行為を行った場合、

    暴行強迫がなくても罪になる。(今回の被害者は)18歳未満ではないので該

    当しない。また裁判で心理被害がきちんと捉えられていないのではないかと

    いう指摘もあります。

    この判決に対して疑問、怒りを感じている人たちが動き始めています。まず

    はこの判決がどのようなプロセスで出されたものであるのか、担当弁護士は

    どのような見解を持っているのか、どのような意見書が出されたのかなど今

    後に向け、被害者の意思を尊重しながらの検証が必要ではないかという声が

    上がっています。

    また週刊新潮は、今週号でこの判決を出した裁判官のことを取り上げていま

    す。メディアの力が風を起こしてくれることもありますが、被害者が傷つく

    ようなことがないように慎重に取り上げて欲しいと思います。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    2019年4月1日のぱたぱた

    0

      FCに出会ったころに受講した基礎講座の中で、「女の子は小学3.4年生ぐら

      いから、身体イメージが自尊感情に影響する」という内容の話を聞いた。そ

      の時、身体の底からじわじわとなんだかわからない感情が湧いてきて、「そう

      だったんだ!」と、私の抱えてきた謎が、また一つ解明された気がした。FC

      の講座に行くたびに、私の多くの謎が解明されてきたが、私個人にとって、

      ベスト5にはいるくらいの話だった。

      私は、小さなころから「ややぽっちゃり」で、その頃は背も高い方で、何よ

      りも胸の発育が早く、小学生時代は、もう大人の女性ぐらいの大きさぐらい

      はあったと思う。小学生の私は、発育していく自分の体の変化を、どう考え

      受け止めればいいのかわからなかった。本当に嫌だった。中高生になると、

      その身体に被る様々な望まない出来事や仕打ちを、なるべく避けるために、

      不本意な防ぎきることができなかった出来事を「なかったこと」にするため

      に、随分エネルギーを使ったと、つくづく思う。そのエネルギーを、自分の

      ために使うことができていたらと思う。

      街でややプラスサイズの189歳ぐらいの女性が、体にフィットした洋服を

      着て、大きめの胸やヒップを隠すことなく闊歩している姿を見た時に、スカ

      ッとした思いになり、さらに、しみじみ「うらやましいなあ」という思いが

      湧いてきた。「こうでなくっちゃ!かっこいい!」と思わずつぶやいた。恥ず

      かしがることなく、隠すことなく、ありのままを表現できることができる世

      の中に、少なくともなっていっているのだ、と力をもらった。

      海外では数年前から、アーティストのレディーガガや、プラスサイズモデル

      のテス・ホリデーなどが先駆けとなって「自分のからだのありのままを受け

      止め愛そう」と訴え、「ボディポジティブ」ムーブメント(#BoPo)が生ま

      れ、じわじわと広がっている。

      私たちが経験してきた「名前のない苦しさ」を、誰かひとりが勇気をもって

      声に出したとき、今は、SNSなど、見ず知らずの直接会ったことのない人

      たちとつながれるツールがあり、そして、様々なムーブメントが生まれてき

      た。同時に、それは様々な問題や対立が生まれることもあるが、「変化を起こ

      すときには、避けては通れないことだ」と、ひるまない姿に勇気をもらい、

      私たちのやり方でこぶしを振り上げてきた。

      今回、大会が東京で、フェミニストセラピィなかま“の皆さんが中心となり

      開催される。私はFCが芽吹いた同時期に、残念ながら、まだFCと出会え

      てなかったが、この数十年間、FCが担ってきたものに思いをはせながら、

      FCの新しいステージについて、「多様性」「受け継いでいく」をキーワード

      に、次世代を担っていくシンポジストと共に、その場を共有する。久しぶり

      に(?)わくわくする思いと期待。みなさん、大会でぜひ、お目にかかりま

      しょう。

       

      *[ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

       

      2019年3月15日のぱたぱた

      0

        私たちフェミニストセラピィ“なかま”のスタッフは今、13年ぶりに東京で

        開催する「第18回フェミニストカウンセリング学会全国大会in東京」の準

        備に取り組んでいます。シンポジウムのテーマは「フェミニストカウンセリ

        ングを次世代にどう繋げるか〜多様性・少数性を尊重しつつ〜」。シンポジス

        トの方々とのミーティングや会場施設との打ち合わせなど準備を進めるにつ

        れて、東京開催を決めた1年前よりも気の重さがなくなり、代わりにわくわ

        く感が高まってきています。当日ボランティアとして一緒に働いてくださる

        人たちもいてくれて心強く思っています。フェミニストカウンセリングの次

        世代への継承が喫緊の課題となっている今、これまで関わる機会が少なかっ

        たコミュニティの人々とともに感じ、語り、手をとり、働く機会にしたいと

        考えています。

         

        *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        | 1/32PAGES | >>