これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

第14回 2015年度全国大会in京都

0
    ワンストップ支援センターの現状と課題

    日時:5月23日(土)・24日(日)
    シンポジウム 5月23日(土)

    シンポジスト :
    加藤治子<産婦人科医>
    (NPO 法人性暴力救援センター・大阪 SACHICO 代表)

    田口奈緒<県立塚口病院産婦人科医>
    (性暴力被害者支援センター・ひょうご代表)

     周藤由美子<フェミニストカウンセラー>
    (ウィメンズカウンセリング京都)

    コーディネーター:
    福岡ともみ <フェミニストカウンセリング・アドヴォケイター>
     (ウィメンズカウンセリング京都)


    会場:京都市男女共同参画センター ウイングス京都

    日程:
    ◆2015 年 5 月 23 日(土)
    12:00〜 受付
    13:00〜16:30 シンポジウム
    16:45〜18:00 総会
    18:30〜20:30  交流会:東華菜館

    ◆2015 年 5 月 24 日(日)
    9:30〜16:00(休憩12:00〜13:00昼食は各自)
    ≪分科会・ワークショップ(WS)≫
    午前の部 9:30〜12:00 
     分科会:フェミニストカウンセリングの理論と技法再考
     W  S:フェミニストカウンセリングの現場で活用できる
        「アセスメントシートの作成」2
     W  S:フェミニストカウンセリングと離婚調停
     W  S:女性と護身をフェミニストカウンセリングの視点で考える
     W  S:DV家庭に育った子どもが大人になって
     W  S:朝鮮人種差別・部落差別など社会的差別による心理的影響を
         フェミニストカウンセリングの視点から考察する(第3回)

    午後の部 13:30〜16:00
     分科会:当事者が求める性暴力被害者支援センターと現状
     分科会:”イエ”に悩む女性たち〜フェミニストカウンセリングのアプローチ〜
     分科会:『性別違和』を理解するために
          〜「女も男もしっくりこない…」当事者の語りから学ぶ〜
     分科会:「郡山拠点」における被災地女性支援
          〜フェミニストカウンセリング及びフェミカン学会の役割〜
     W  S:「性暴力被害を語り継ぐ」ということを考える
          〜当事者とフェミニストカウンセリングの視点〜
     W  S:平場をめぐる議論の整理と平場の可能性


    <問合わせ先>
    特定非営利活動法人日本フェミニストカウンセリング学会
    TEL:03-3239-5330
    <共 催>
     公益財団法人京都市男女共同参画推進協会
    <後 援>
    京都府・京都市・綾部市・宇治市・亀岡市・京田辺市
    京丹後市・京丹波町・久御山町・ 長岡京市・南丹市
    向日市・八幡市・与謝野町・大津市


    お申込み・詳細はこちら(PDF)