これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2017年11月1日のぱたぱた

0

    私が住む関市議会は女性議員ゼロ。女性たちが動いた!!

    フェミニスト議員連盟から「岐阜県内21市で、あなたの住む関市は唯一女

    性議員がいない。『女性ゼロ議会キャンペーン』の取り組みとして話し合いの

    場を持ちたい。市民を集めてほしい」と電話が入った。「女性議員が必要」と

    思う市民は多くいるが、動きになることもなく選挙までに二年を切り悶々と

    していたところだった。

    関市には女性議員が2人いた時代も有ったが、前回は女性の候補者もなかっ

    た。介護、子育て、DV、性差別、教育、福祉など地方自治体には課題が山積。

    当事者、或いはそれらの担い手の多くが女性。当事者である女性の議員がい

    ない議会では課題になりにくく、問題さえも無い事にされてしまう。

    議会における女性議員が占める割合の変化「量的変化」が、議会や政策に一

    定の変化を急速にもたらす「質的変化」に転じる境目を、クリスタル・マス

    と言い3割程度とされている。それ以下では女性議員の連携が取れなかった

    り、男性議員からのいじめのターゲットになるなど、女性であることのデメ

    リットを感じやすかったりすると言われている。

     七夕の夜、市民とフェミニスト議員連盟20人が集まった。立候補経験者

    は「女だてらに・・・」と陰口を叩かれた。立候補したいと思っても夫や家

    族の理解が得られない、酒の席が多い、セクハラ等で立候補を断念すること

    も女性議員が生まれない原因。話題は多岐に渡った。女性議員を出そうと願

    う市民の集まりをこのまま終わらせてはいけないと、参加した市民全員一致

    で、会を発足し次回選挙には女性議員を擁立することを決定した。

    この動きを知った市民からすぐに、会潰しとも思われる電話が入った。会の

    動きが広がり影響力を増すほど、阻止や分断が巧妙に始まる。女性を黙らせ

    るもくろみを怖れたら、彼らの思うつぼ。脅し怖がらせて、黙らせ止めさせ

    る手法は、DVと同じ構造。

    私たち女性はもう気づいている。「女性へのあらゆる暴力」が、女性が持って

    いる様々な生きる力(自尊心、気力、夢や希望・・・)を奪う「男性優位社会

    の維持装置」だと。

    女性なら誰でも良いわけではない。失望させられた女性議員もいる。議員に

    なって欲しいと思う女性には、ことごとく断られ前途多難だが、仲間たちと

    一緒に選挙に向けて頑張っている。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。