これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2017年11月15日のぱたぱた

0

    23条 公民館は、次の行為を行ってはならない。

    一 もっぱら営利を目的として事業を行い、特定の営利事業に公民館の名称

    を利用させその他営利事業を援助すること。

    二 特定の政党の利害に関する事業を行い、又は公私の選挙に関し、特定の

    候補者を支持すること。

    2 市町村の設置する公民館は、特定の宗教を支持し、又は特定の教派、宗

    派若しくは教団を支援してはならない。

     

    社会教育法で公民館がやってはいけないと定められているのが、商売、政

    治、宗教。そしてそうした活動を援助すること。「商売について考える」学習

    会はいいけど、教材を売ってはいけない。会場を貸すことは援助することだ

    から、商品説明会や即売会もアウト。政治も「政治について考える」学習会

    はいいけど、「〇〇党ご紹介イベント」や「○○君を応援する会」はいけない。

    「般若心経を読む」とかいう学習会はいいけど、宗教の教義に乗っ取った儀

    式や集まりに会場を貸してはいけない。最近では「憲法を守ろう」という集

    まりが議論が分かれる問題だという理由で使用を断られたなどということも

    聞きます。「憲法」は特定の政党でも候補者でもないにもかかわらずです。

     

    それらしいものは一切ダメとしているのかもしれないと思いますが、この三

    つは、私たちの日常でも、借金とともに「人間関係を壊すもの」的扱いを受

    けています。これらを話題にすることそのものに忌避感を持つ人もいます。

    だけど、商売と政治と宗教について話をしないとなったら、何について話を

    する・・・?同じ職場の人間同士なら、この三つに触れなくても話が盛り上

    がるかもしれません。だけど、そうでない者同士の場合は・・・・?無難な

    話とされているのは、天気、スポーツ、食べ物、それと旅行の話や話題にな

    っているテレビドラマの話などです。つまりあたりさわりのない話題。これ

    がおもしろくないとなったら、ゴシップや噂話に走ることになります。

     

    あたりさわりのない話題は情報交換、井戸端会議です。別名世間話。世間話

    も悪くはありませんが、もっと中身のある話をしたいと思っている方も少な

    くないはず。中身のある話の一つが政治の話です。この場合の政治とは投票

    行動や政党の話、例えば希望の党がどうなるかとか、次の代表は誰になるか

    というような話ではありません。この社会ではどのように物事が決められ、

    どのように動かされているのかという話です。それとこうあってほしいと考

    える社会の姿があれば、つまり構造を見る目を持ち、その構造に働きかける

    意思、社会変革の意志があれば、話はおのずと政治的なものになるはず。社

    会変革を考えることは政治的に考えていることに他ならず、「個人的なことは

    政治的なこと」と考えるフェミニストは政治的にならざるを得ないと言えま

    す。

     

    123日、「個人的なことは政治的なこと」の原点に立ち返り、フェミニズ

    ムについて語り合います。新しい時代のフェミニズム、今再びめぐってきた

    フェミニズムの新時代とはどのようなものなのか。北原みのりさんと具ゆり

    さんのお話です。きっと元気が出るはず。大いに話し、大いに笑いあいまし

    ょう。

    そして2月、アドヴォケイト講座のテーマは「犯罪とジェンダー」。社会構

    造と密接不可分の社会現象である「犯罪」。そこで裁かれているものは何なの

    か。単純な善悪では論じられない複雑さを、しかと見ることで、私たち自身

    の社会構造を見る目、ジェンダー問題を読み解く目を鍛えます。

    そして3月専門講座では、この社会構造の中で最も弱い立場に置かれている

    少女と若年女性に焦点を当てます。少女たちを放置し、搾取し、傷つけてい

    るこの社会のありようを知るだけでなく、大人の側に立っている私たちの責

    務についても考えます。いずれも、私たちの前に立ち上がっている、古くて

    新しいフェミニストカウンセリングのテーマです。

    12月、2月、3月と次々に講座があります。時間の都合、お金の都合がある

    とは思いますが、いずれも今、最前線の内容です。是非ご参加ください。

    なお、専門講座の会場が決まりました。埼玉県男女共同参画推進センター

    With You さいたま)。初めての埼玉県での開催です。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。