これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2018年2月15日のぱたぱた

0

    『あたしおかあさんだから』という歌詞の内容がネットで話題になっている。

    母親にだけ自己犠牲を強いる歌詞の内容と「あたしおかあさんだから」のフ

    レーズが繰り返されるのが苦しいとTwitter「♯あたしおかあさんだけど」

    で炎上。さらには「♯ぼくおとうさんだから」「#おまえおとうさんだろう」

    と替え歌までつくられ様々な母親像親子像について意見が噴出している。ま

    た、昨年「♯保育園落ちた。日本死ね」が話題になったが、この春からの入

    園に向けて、「♯保育園落ちてよかった」という書き書き込みに共感が寄せら

    れているという。入園後の復職と一人子育ての過酷な生活を考えると本音の

    ところほっとしているという仕事を持つお母さんたちの声。この話題を二回

    り以上年が離れた現在子育て中のスタッフにふるともちろんそこはチェック

    済み。「フェミニズムという言葉は出てこないけれどつぼは一緒やね。何も変

    わってない。私たちの時は同じ思いの人とつながるのは難しかったけれど今

    はSNSを使って出会うことができる。近くにいなくて日本中世界中のどこ

    かにはいる。SNSはリスクもあるけどやっぱりこの力は大きいね」と語り

    あった。

    そのスタッフのネットからの情報は早いし教えてくれるブックリストはいつ

    もどれも新鮮で魅力的。仕事と子育ての忙しい時間の中、その好奇心と探求

    心と体力に感心する。私たちスタッフ間の年の差最大30歳を超えて(忘れ

    て)話が盛り上がる。FCやフェミニズムでつながることができる。

    新しい形でフェミニズムが表現され取り上げられるようになったものの、届

    いている実感はない。何か問題にならないと出会えないというのは残念すぎ

    る。「毎回若い人がフェミニズムに新たに出会わなければならないこの状況を

    変えていかなければならない」と北原みのりさんが名古屋の公開講座で語ら

    れた。若手のスタッフは北原さんの追っかけをしていて、今回大好きなFC

    と大好きな北原さんが出会う場面がとても楽しみと大会を待ち望んでいる。

    福岡大会が「繋がっていく場所」になるように一人でも多くの方をお誘いく

    ださい。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。