これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2018年9月1日のぱたぱた

0

    夏の巡回ラジオ体操、ご存じですか?毎朝6時半からやっていました(年中

    6時半からやってますが)。

    夏休みの間だけ日本国中をめぐり、子ども達の元気な歌声でそれは始まりま

    す。町の紹介もコンパクトにされるので、居ながらにして1ヶ月で日本一周

    した感じになりました。努力、忍耐、汗かく嫌いな私はベッドに潜ったまま、

    頭の中で体操していました。

    明後日から2学期が始まるところ、既に始まっているところいろいろですが、

    先週から子どもの自死のニュースが何件か目につきます。自死までいかなく

    ても、私のまわりに学校に行けない、行きたくないという子ども達がいます。

    その中の何人かは「生産性がない」に反応して、夏休み中、気力を失ってい

    ました。「どうして生まれちゃったの?」「生きてていいの?」「希望が持てな

    くなった…」と小さな胸を痛めています。ここ数年来のセクシュアル・マイ

    ノリティの可視化により、親子共々希望を持ち始めた矢先、議員のとんでも

    発言、新潮45の記事や動画に強いショックを受けています。

    発言した議員は時間薬の効力を期待しているのか、沈黙したまま。そのうち

    人は忘れるだろう、とでも思っているようです。

    昨日は自民党本部の性的指向・性自認に関する特命委員会委員長 古屋議員に

    署名26650筆を持っていきました。LGBT差別を繰り返す議員に、自民党

    はきちんと謝罪会見させてください!というものです。古屋議員は不在、事

    務職員が受け取るという、悲しいかな塩対応でした。ただ、メディアが数社

    か取り上げてくれ、署名を渡した1時間後にはネットニュースに流れていま

    した。

    「ごめんなさい!」の一言が何故言えないのか!

    自民党本部に一緒に参加した小学生は、「悪いことしたらごめんなさいって、

    教えられたことないのかなぁ〜」と呟いていました。

    ある講演会で心に残った言葉です。

    若い母親の言葉「私の子どもはLGBTかもしれない。違うかもしれない。

    でも、当事者であることを理由にいじめられる子にも、いじめる側の子ども

    にも育ってほしくない!」

    子どもたちが涙で頬を濡らすことのない社会に、すべての子どもに生きづら

    さのない未来を先頭に立って考えてくれるのが、議員という人達なのでは

    …?と、残暑の中、うだうだと思うのでした。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。