これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2018年10月15日のぱたぱた

0

    今年のノーベル平和賞に、内戦下で性暴力を受けた数万人もの被害女性の治

    療や、戦時下の性暴力根絶を訴えてきたコンゴ民主共和国の産婦人科医デ

    ニ・ムクウェゲさんと、過激派組織「イスラム国」(IS)から受けた性暴力を

    証言・告発し、性暴力を受けた女性の救済に取り組むイラクのクルド民族少

    数派ヤジディ教徒のナディア・ムラドさんの二人の授賞が決まった。

    ネットの記事によると、ムラドさんは、ISの大量虐殺や自身が体験した性奴

    隷の被害を明らかにし、その後、人身売買の被害者の尊厳を守ることが必要

    だと訴える国連親善大使に就任。20169月の国連本部での演説では、「首

    の切断、性奴隷、子どもへのレイプ。これらの行為に突き動かされないので

    あれば、いつ行動するのですか? 私たちにも生きる価値がある」(朝日新聞

    デジタル)と各国代表に問いかけたという。

    授賞をムラドさんは、「この賞をすべてのヤジディ教徒、イラク人やクルド系、

    少数派、世界中の性暴力の被害を受けた人たちと分かち合う」という声明を

    出している。

    戦時下の性暴力、慰安婦の問題、若年層や弱者をターゲットにした性暴力、

    DV、セクハラ…。今も私たちの社会で被害者を苦しめ続けるさまざまな暴力

    が同じ延長線上にある。

    性暴力が戦術として使われるのはなぜか。その背景には女性を所有物として

    みる考え方やジェンダーの問題が根深くある。いまだ個人の問題とされ社会

    の問題としての取り組みが遅れ、謝った捉え方のままの社会の認識がある性

    暴力。その認識が二次被害となって被害者をさらに苦しめる。たくさんの性

    暴力被害者が見えない仕組みの暴力に晒されたまま沈黙を強いられ、性暴力

    被害者は社会の中で深く傷つき被害と気付かないままに置かれている。

    なぜ私たちの性は、奪われ、支配され、利用されるのか。性差別社会を背景

    とする性暴力をジェンダーの視点で読み解き、奪われた権利を共に取り戻し

    ていくフェミニストカウンセリング。女性への暴力を容認してきた社会を共

    に変えていく私たちでありたいと思う。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。