これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年1月15日のぱたぱた

0

    ただ今炎上中の「週刊SPA!」問題。CHANGE.ORGで行われた署名活動に

    参加した方もいらっしゃるのではないだろうか。ご存知と思うが、事の発端

    は「週刊SPA!」1225日号。「ヤレるギャラ飲み」と題した特集で「ヤ

    レる女子大学生RANKING」という順位表を大学の実名入りで掲載。それに

    対して14日、国際基督教大4年の山本和奈さんが「女性を軽視した出版

    を取り下げて謝って下さい」と題したキャンペーン(CHANGE.ORG)を開

    始。二日後の6日には賛同者は2万を越えた。17日には「週刊SPA!」

    に署名を提出。その後も賛同は集まり続け、現在は5万筆に迫ろうとしてい

    る。19日には実名を挙げられた大学が次々に抗議文を公開。SPA!も「週

    SPA!の特集記事についてのお詫び」として謝罪文を公開している。

     

    週刊SPA!の特集記事において、女性の尊厳に対する配慮を欠いた稚拙な記

    事を掲載し、多くの女性を傷つけてしまったことを深くお詫びいたします。

    また、購読者の皆様に不快な思いをさせてしまったこと、大学関係者の皆様

    にご迷惑をおかけしてしまったことを重ねてお詫び申し上げます。

    今回頂戴いたしました多種多様なご意見については、改めて真摯に受け止め

    るとともに、女性の尊厳に対する配慮を含めて今後の編集方針や誌面づくり

    に反映させてまいりたいと思っております。

     

    どこかで、しかも何度も見たテンプレのような謝罪文。次は「週刊SPA!」

    編集部のコメント(デジタル朝日)。

     

    本特集は「ギャラ飲み」という社会現象について特集したものです。ギャラ

    飲みの現場で何がおき、どういったやりとりが行われているのかを一般大衆

    誌の視点で報じております。その取材の過程で、ギャラ飲みの参加者に女子

    大生が多いということから、ギャラ飲みのマッチングアプリを手掛けている

    方にも取材を行い、その結果をランキングという形で掲載したものです。そ

    のなかで「より親密になれる」「親密になりやすい」と表記すべき点を読者に

    訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまったこと、運営者の体感に基

    づくデータを実名でランキング化したこと、購読してくださった読者の皆様

    の気分を害する可能性のある特集になってしまったことはお詫びしたいと思

    います。また、セックスや性にまつわる議論については、多種多様なご意見

    を頂戴しながら、雑誌として我々にできることを行ってまいりたいと思って

    います。

     

    一般大衆誌の視点とは何なのかようわからんし、「より親密になれる」「親密

    になりやすい」って「何ですか?それ」である。「ビビット」ではこのランキ

    ングの作成者にインタビューをしているが、「主観を基に作成したものを実名

    で掲載したことは申し訳なかった」と言っている。つまりこのランキング、

    何の根拠もないのだ。そして「やれるという表現がよくなかった。襲うよう

    な印象がある。お持ち帰りだったら男女の合意の元に性行為にもっていくの

    だから問題なかった」と言っている。これまた、「何ですか?それ」である。

    「お持ち帰り」って女性は弁当やファースフードではない。この意見に対し

    て山本さんは「最低」で「無責任」と述べている。「その通り」と何百回でも

    言いたくなるほどその通りだ。不快にさせたから、迷惑をかけたからという

    謝罪が的外れなのは言うまでもないが、「週刊SPA!」の次の特集は「既婚

    者合コン攻略ガイド」!「多種多様なご意見については、改めて真摯に受け

    止め・・」などと言っているが、全く信用できない。

    署名提出の報告で山本さんは「このまま止まるつもりはありません」と述べ、

    「週刊SPA!」の謝罪に対して「納得していません。一番知りたいのは、こ

    の記事で何を達成したかったのか、一体何のためにこの記事を出したのか・・

    (略)・・男性に女性を性的に消費させ、女性は見て見ぬふりしたり、笑って

    やり過ごしたりせざるを得ない社会が問題だと思っています」(毎日新聞)と

    述べている。そして「2019年は若者や学生のリードで女性の人権に関するム

    ーブメントを作りたい」とも。週明けには週刊SPA!との面談を予定してい

    ると言う。何と心強い。「おばさん(おばあさん?)も頑張る!」と思わず言

    いたくなるではないか。

    山本さんのメッセージビデオはYouTube

    https://www.youtube.com/watch?v=PCW_EO3Lgi4&t=12sで見ることがで

    きる。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。