これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

第18回フェミニストカウンセリング学会全国大会in東京

0

    今年の全国大会は「東京」です

    ――13年ぶりの「東京」で、皆様をお待ちしています――

     

    フェミニストセラピィ“なかま”海渡捷子

     

    今年度の日本フェミニストカウンセリング学会全国大会は、5月25日(土)・26日(日)の両日神奈川県横浜市の「ウイリング横浜」での開催が決まりました。

    東京と謳いながら会場は横浜?との疑問をもたれるかもしれませんが、「東京大会」とした理由は二つあります。一つは「東京大会」と決定し予定会場も東京だったのですが、諸々の事情で横浜になったこと。もう一つは実行委員をフェミニストセラピィ“なかま”(在東京)が引き受けたことからでした。その結果、東京のすぐお隣の横浜になりました。皆様ご存じのように東京横浜間は電車で30分〜40分程度で行き来ができますので、大会の前後はどうぞ両方の街で散策をお楽しみください。

    前回の東京大会は2006年で、テーマは「フェミニストカウンセリングの未来に向けた実践」でした。13年を経て今年のシンポジウムのテーマは「フェミニストカウンセリングを次世代にどう繋げるか〜多様性・少数性を尊重しつつ〜」(仮題)です。シンポジストは外部から杉山文野さん、是恒香琳さんのお二人。フェミニストセラピィ“なかま”からはコーディネーターとシンポジストが加わり、四人での構成になります。

    昨年はSNSの普及と共に若い女性が被害を受ける事件が相次ぎ、加えて女性への差別・人権無視等がより明確になり社会問題化もしました。そうした時に私達が思うのはフェミニストカウンセリングをもっと多くの人々に知ってほしいということなのです。

    フェミニズムの思想がすべてを解決できるわけではありませんが、女性にとって息苦しい今の社会を生き抜くためには、少なくともフェミニズムを知りフェミニストカウンセリングを理解することで生きやすくなるといえるからです。

    今回のテーマのもと、私達が次世代や若年層の女性達にフェミニストカウンセリングをどう伝えていけばいいのか、どう繋げていけばいいのかを共に熟考できるシンポジウムにしたいと願っています。

     

    詳細:http://nfc505.com/tokyotaikai22019.pdf

    申し込み用紙はこちら:http://nfc505.com/tokyoapplication.pdf