これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年6月1日のぱたぱた

0

    525日・26日の2日間、ウィリング横浜を会場に開催された「第18回日

    本フェミニストカウンセリング学会全国大会in Tokyo」が無事終了しました。

    実行委員会やスタッフの皆さん、そして参加してくださった多くの皆さん本

    当にお疲れ様でした。

    今大会のシンポジウムのテーマは“フェミニストカウンセリングを次世代に

    どう繋げるか〜多様性・少数性を尊重しつつ〜”。

    1980年代に誕生し、ジェンダーの視点での心理支援や実践を重ねてきた日本

    のフェミニストカウンセリングですが、次世代へ広げる、伝える、繋げると

    いう取り組みが残念ながらうまくすすんでいません。今回のテーマは、どう

    したらフェミニストカウンセリングを若い人たちに広く知ってもらえるのか、

    どうしたら次の世代に伝えていけるのかという、私たちの直面する課題に、

    シンポジストの方から説得力のある発信をいただいて参加者と皆で共有して

    いくという、大変有意義なシンポジウムとなりました。

    その一部の紹介になりますが、シンポジジストの杉山文野さんからは、自身

    のミッションだという、カテゴリーを超えたコミュニティづくりについて話

    していただき、それにはサイレントマジョリティの人たちにどれだけアプロ

    ーチできるかが重要で、そこを目指して活動していること。活動がそれぞれ

    違っていても共通のところを繋げていくことが大切で、ぶつかり合ったまま

    エネルギーが分散しているのはもったいないこと。また、“伝える”ことと“伝

    わる”ことは違う、伝わらなくては何にもならないし目的は伝わることであ

    る、それを大事にしていることなど、実際の活動に基づいた話は、フェミニ

    ストカウンセリングの広げ方や伝え方について学ぶことが多く、なるほどと

    深く頷くことばかりでした。

    是恒香琳さんからは、「SEALDs」など活動団体でのこれまでの経験から感じ

    たことが熱く語られ、興味深かったのが“野原のような連携の仕方”でした。

    花いっぱいの野原でも、よく見るとそれぞれの花がそれぞれの群れで、それ

    ぞれがなんとなくまとまって好きなように咲いている、そういう花いっぱい

    の野原のような繋がり方が、めざしているイメージとのこと。また野原にも

    花を育む土壌が必要でその土壌の部分がとても大切だと話され、その土壌の

    部分がフェミニストカウンセリングの役目かと思い描きながら、また、それ

    ぞれの違いが尊重される“繋がり方”についてもとても大事なことだなと聞

    き入りました。

    次世代にどう繋げるかとのテーマだが、私たちが次世代に繋がっていくこと

    が大事ではないかとのコーディネーターの小柳さんのことばに参加者も共感

    し、ファミニストカウンセリングをもっと広く社会に届けていこう、次世代

    に広く伝えていこう、そのために私たちが繋がっていく発信力をつけていこ

    うと皆で確認し合った今大会のシンポジウムでした。

     

    さて、今年度の講座が720日(土)に静岡で開催される「初めてのフェミニ

    ストカウンセリング〜女性の生きづらさを考える〜」を皮切りにスタートしま

    す。会員の皆さんはもちろん、新しい方の受講もぜひこの機会に会員の皆さん

    からも発信し広めていただけたらと思います。多くの方の講座への参加をお待

    ちしています。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。