これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年10月1日のぱたぱた

0

    今日から10月です。昨日のうちにトイレットペーパーを買っておこうとド

    ラッグストアに並んだりした方はいますか? 猫の餌代だって大きなダメー

    ジです。関西は昼夜ともに蒸し暑い日が続いていますが、街を歩いていると

    金木犀の香りがしています。秋はちゃんと来ています。

    さて、今日は、青少年の性意識の全国調査について紹介しようと思います。

    以下は設問とその正答率です。

    1.排卵はいつも月経中に起こる:高校男子12.4%、高校女子33.0%、大学

    男子22.5%、大学女子56.6

    2.精液がたまりすぎると、体に影響がある:高校男子37.4%、高校女子

    10.2%、大学男子40.2%、大学女子11.7

    3.膣外射精は有効な避妊法である:高校男子53.6%、高校女子43.0%、

    大学男子70.6%、大学女子65.6

    (日本性教育協会「『青少年の性行動』第8回調査報告」20187月より)

    どう思われましたか。正解はもちろん3問とも×(間違い)ですが、この正

    答率を見ていると、

    1.排卵は月経中にあると考えているわけで、月経中を避ければ避妊しなくて

    も妊娠しないと考えているの?!ʅʃ

    2.体に精液がたまると影響があると考えている女子が多いということは、女

    子はNOが言いにくくなっている?( ´Д`)y━・~~

    3.有効な避妊法の正しい知識を持ちましょう!!!(~_~)

    と、危機感を持ちます。寝た子をちゃんと起こさないと、これは性教育貧困

    問題です。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。