これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年10月15日のぱたぱた

0

    台風19号の深刻な被害がさらに広がっています。

    河川の氾濫による浸水や土砂崩れなど被害の全容もまだすべて把握出来てい

    ない状況のようです。被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

    また、これ以上被害が大きくならないことを祈るばかりです。

     

    今回は過去最大クラスの台風ということもあり、避難所に避難する人はこれ

    までより多かったようです。東京都台東区の避難所では、区民が対象のため、

    ホームレスの男性が「住所がない」ことで受け入れを断わられたというニュー

    スがありました。「命を優先する行動を」と呼びかけているなかでの出来事。

    驚くばかりです。リスクを抱える人たちの安全について考えさせられます。

     

    DVから避難して住み慣れた地域から離れて暮らす女性や子どもたちは全国

    にたくさんいます。加害者からの執拗な追いかけや探し求めに怯えながら地

    域で隠れるように暮らしている方も少なくありません。DVの被害者が「D

    V等支援措置」(総務省によるとこの支援措置を認定された被害者は1812

    月時点で126696人。10年前の4倍近くに増えた)の手続きをしたにもか

    かわらず、自治体部署間の連携や情報の共有不足による漏洩で、転居先を知

    られてしまうことが後を絶たず、この10年で少なくとも26都道府県の41

    自治体で計46件起きていたことが朝日新聞の取材でわかったそうです。今

    年だけですでに8件起きており、すでに昨年の7件を上回っているとの記事

    もありました(10月7日付)。通常であれば複雑ではないはずのさまざまな手

    続きや法制度も、暴力から逃れてきた被害者にとっては苦労する場面がたく

    さんあります。災害時には、被害者の個人情報を守るのはさらにむずかしく

    なるだろうことも考えてしまいます。

    DVを背景に起きている児童虐待死事件、性犯罪への相次ぐ無罪判決なども

    絶えません。暴力によって声を奪われた人、さまざまなリスクを抱えた人の

    不安や困難を理解しない、支えない社会。勇気を出して声をあげた人を守ら

    ない社会の在り方にこそ問題があると、なにに対しても憤り、危機感を募ら

    せている毎日です。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。