これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年11月15日のぱたぱた

0

    私の所属するNPO法人は、助成金を受け、11月から支援者養成講座を開催

    しています。先日、WCKの周藤由美子さんを講師に招き、公開講座「なぜ

    『逃げられない』のか〜継続した性暴力の被害者心理と対処行動の実態」を

    開催しました。公開講座のタイトルは、公益財団法人俱進会の助成を受け作

    成された報告書(日本フェミニストカウンセリング学会「性犯罪の被害者心

    理への理解を広げるための全国調査グループ」編集)のタイトルをそのまま

    使用しました。開催にあたっては、参加対象者を限定せず、広く一般(県民)

    に呼びかけました。

     当日は、すでに支援者として活動されている方や、支援の現場にはまだ関

    わっていないけれど女性の支援について関心のある方、性暴力被害に関心あ

    る方などが参加してくださいました。これまで私たちの講座等に参加がなか

    った領域の支援者が、業務で関わっているケースの理解をするために、タイ

    トルに興味を持ち参加してくれた、ということもありました。

     講座では、報告書に記載されている「上司から継続したセクハラ被害にあ

    い、5年間裁判で戦い、勝利的和解で終結したケース」をもとに被害者心理

    を学び、その後、グループワークの中でお互いの感想などをシェアしました。

     これまで被害者を理解し、何とか支援をしたいという思いを持ちながらも、

    「被害を受けた人の行動が理解できない」「支援をどうしていけばいいのか」

    など、困惑しながらやってきたという参加者からは、講師の丁寧な解説を聞

    き、被害者の心理に驚きながらも、「非常によくわかった」と、大変好評でし

    た。あらためて、この報告書が多くの方に必要とされている内容であること、

    さらに報告書を相手にただ届けるのではなく、内容を丁寧に伝えていくこと

    の大切さを実感しました。

     フェミニストカウンセラー一人ひとりが、被害者に寄り添いながら、丁寧

    にクライアントの声を聴き、受け止めてきたからこそ完成した報告書です。

    あらためて、フェミニストカウンセラーの存在意義を確認しました。ぜひ、

    多くのみなさんにご活用いただきたいと思います。(報告書に関するお問い合

    わせは、学会事務局まで)

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。