これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2020年2月15日のぱたぱた

0

    今年の冬は京都の日本海側でも積雪がなく、暖かいです。例年積雪が多い地

    域ではいかがですか。

     

    市街地ではこれまで車道にまであふれていた観光客が、今はひっそりまばら

    になりました。新型肺炎の脅威は収まりません。そして、その報道とともに

    知らされるインフルエンザ患者の死者数の多さに、今更ながら驚いています。

    20年以上前に誘われて、薬物依存症のリハビリ施設やドラッグコートの見学

    にサンフランシスコに行ったことを最近よく思い起こします。薬物に関わっ

    て罪を犯した人が、自身の物語を施設でも法廷でも語ることが保障され、ケ

    アされることが大前提だと知ったとき、大きなカルチャーショックを受けま

    した。「処罰ではなくケアを」とやっと日本でも聞かれるようになりました。

    「更生」について考える日々です。

     

    今日は、映画『少女は夜明けに夢をみる』のシェアをします。イランの少女

    たちの更生施設が撮影現場。監督は実際に施設のなかでカメラを回していま

    す。少女たちは家族内で起こっていた暴力、虐待、性虐待のことを誰からも

    信じられず、盗み、クスリ、殺人などの罪を犯して路上で生活して施設に来

    ていることをカメラの前で語るのです。

    うつ状態でうつろな少女もいます。腕には線とは言えないほど切り刻んだリ

    ストカットの痕。「ここは“痛み”だらけ。四方の壁から染み出るほど」とい

    う表現。少女たちのそれぞれの自己物語…。映像から、彼女たちは施設のな

    かで不思議なつながりをもって過ごしていると感じ取れます。アイロニック

    に明るく歌を歌う場面も多くありました。みな、施設の外の世界では孤立し、

    人を信じられず特に男性への恐怖に怯えながら過ごしていたのに。

    私は遠い国イランがとても近くに感じました。日本の社会でも同様のことが

    起こっているのだから。でもこんなふうに日本の少女たちは自分の身に起き

    たことを語れているのだろうか、ケアは行き届いているのでしょうか。

     

    昨年3月末の性暴力裁判での無罪判決を受けて盛り上がっている #me too

    #we too運動、フラワーデモ。次回3月は8日の国際女性ディに行われるそ

    うです。マイクをもって語られるサバイバーの言葉に心が動き、拍手で共感

    を伝える、歩かない静かなデモ。こんな形があったのですね。語ることがで

    きる場が一つでも多く作られ、聴くことができる社会に近づけたいという思

    いと行動をともに確認したいです。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。