これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2020年3月1日のぱたぱた日記

0

    3月になりました。今年の春は例年とはかなり様子が異なります。
    新聞もテレビも新型コロナウィルスの情報が連日取り上げられ、
    小中高校や特別支援学校の休校、イベントの中止や自粛、企業の在宅勤務
    などの動きが慌ただしく広がっています。感染防止への政府の対応への
    批判や社会へ及ぼす深刻な影響についても報道されています。皆さんの
    地域ではいかがですか。

    新型コロナウィルスへの、際立って早い対応で支持率68.5%と高い評価を
    得ている台湾の蔡英文総統の“神対応”対策についての記事の一部です。
    「台湾ではすでに学校の休校は原則終了している。現在は、教職員や生徒
    で感染者が1人出れば学級閉鎖、2人以上なら学校閉鎖という基準を設け、
    授業を再開している。共働き家庭への配慮も評価されている。休校中に
    小学生の世話が必要になる保護者は、看護休暇を申請できるようにした。
    また、中学生以上でも障がいを持つ子どもの保護者であれば、同じ制度が
    適用されるようにした。もし企業が有給休暇の取得を拒否した場合、法律
    にのっとって処罰することも表明。「休校」という方針だけが発表された
    日本とは、大きな違いだ。」(AERA dot.(2/29配信)の記事から一部抜粋) 
    昨年の“世界女性シェルター会議in台湾”での蔡英文総統の力強い
    スピーチに、日本からの参加者が女性の総理がうらやましいと話していた
    のを思い出します。

    野田虐待死事件の裁判員裁判の公判が行なわれました。
    母親の証言、担任教諭の証言、児童相談所職員の証言に、父親の壮絶な
    虐待があきらかにされました。DVの被害者である母親は傷害ほう助罪で
    有罪が確定しています。あまりにも重い課題が社会に問われました。
    支援を行なうものとして何ができるか、考えていかなくてはならないと
    思います。
    (「野田市児童虐待死亡事例検証報告書」が野田市のホームページから
    見ることができます。悲惨な事件の犠牲者を二度と出すことがないように
    と検証を重ねた、貴重な報告書です)

     

    ※『ぱたぱた日記』は理事が持ち回りで執筆しています。