これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2010年度教育訓練

0

    2010年度教育訓練

    研究コース

    ・フェミニストカウンセリング理論に関しての認識を深める。
    ・論理的に考え、明確に文章を組み立てて、説得力のある理論展開を経験する。
    ・他のメンバーの論文を批評したり、批評を受けたりしながら、自らの論理を展開する経験をする。
    ・フェミニストカウンセリング資格取得時に必要とされる論文審査の準備として位置づけられる研修である。
    [講師] 川喜田好恵(フェミニストカウンセラー協会代表)

    基礎講座  講義  屮侫Д潺縫好肇ウンセリングの過去・現在・未来」
    川喜田好恵(日本フェミニストカウンセラー協会代表理事)
    講義◆ 屮皀薀襯魯薀好瓮鵐箸箸いΓ庁屬肇献Д鵐澄次
    川喜田好恵(日本フェミニストカウンセラー協会代表理事)
    講義 「セクシュアルマイノリティと家族」
    土肥いつき(高校教員)
    講義ぁ 崔砲蕕靴気良坩造繁塾蓮
    伊藤公雄(大学教員)
    講義ァ,泙箸瓠今後に向けて
    話し合い ー己紹介と話し合い
    講義を受けての話し合い
    臨床技法
    コース

    認知行動療法とナラティブ・アプローチ
    ―フェミニストカウンセリングの上級理論と技法を学ぶ―
     オリエンテーション
     演習 「私の臨床経験とこれからの課題」
     講義と演習「認知行動療法の理論と演習機
     講義と演習「ナラティブ・アプローチの理論と演習機
     講義と演習「ナラティブ・アプローチの理論と演習供
     講義と演習「認知行動療法の理論と演習供
     まとめ/Q&A
    [講師]井上摩耶子(日本フェミニストカウンセリング学会代表)
    川喜田好恵(日本フェミニストカウンセラー協会代表)

    臨床技法
    コース

    CRファシリテーターになるための基礎と実際を学ぶ
    講義  屮侫Д潺縫好肇ウンセリングとCR」
    講義◆ 孱達劼亮衙,伴尊櫃留娠帖
    演習 ]辰傾腓ぁ峪笋裡達丗慮魁
    演習◆銑─.侫.轡螢董璽拭爾梁慮海箸佞衒屬
    講義 「グループの効果/グループの倫理」
    [講師]  (日本FC学会認定フェミニストカウンセラー)
    川喜田好恵
    加藤伊都子
    具ゆり  

    女性支援のための
    フェミニスト
    カウンセ
    リング
    講座・前期
    悩みに寄り添い、自立を支えるスキルを学ぶ
    講義  屮ウンセリングと相談の基礎」  
         構造、展開、ソーシャルワークとの違いなど
    講義◆ 屮侫Д潺縫好肇ウンセリングとは」
         特徴、理論、見立て、ジェンダー分析
    講義 「DV被害当事者、性暴力被害者の心理教育とアドヴォケイト]
         心理教育の意味、内容、方法、アドヴォケイトについて
    講義ぁ 屮ウンセリングの技法」
        ・傾聴、受容、共感について
        ・明確化について
    演習  上記の技法を使って
    全体のまとめと振り返り
    [講師]  日本FC学会認定フェミニストカウンセラー
        (フェミニストセラピィ"なかま")
        小柳茂子
        海渡捷子
        加藤英子
    実践コース

    [目的]フェミニストカウンセラーとしての質・力量の向上を図る
    [講師] 日本FC学会認定フェミニストカウンセラー
    杉本志津佳(フェミニストカウンセリング堺)

       友杉明日香(ウィメンズカウンセリング京都)
    女性支援のための
    フェミニスト
    カウンセ
    リング
    講座・後期
    悩みに寄り添い、自立を支えるスキルを学ぶ
    「フェミニストカウンセリングに特徴的な理論と技法機
    トラウマカウンセリング
    認知行動療法と(システム)家族療法
    「フェミニストカウンセリングに特徴的な理論と技法供
    ナラティブ・アプローチ
    ナラティブ・アプローチと意見書の書き方
    「被害者支援とは―シェルターのケースの場合」
    被害者支援の実際
    ケースワークの考え方

    ※講師所属は当時のもの