これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2018年4月15日のぱたぱた

0

    ●全国共通DVホットライン運営事務局としての活動
    2018年3月末日で終わりを迎えた全国共通DVホットラインは、2001年
    10月の全国一斉DV電話相談から始まっている。主催は広島に活動拠点を置
    く「ネットワーク虹(以後「虹」)」。このときは統一番号ではなく、告
    知で相談拠点の電話番号を列記している。翌年の10月に2回目の一斉電話
    相談を行う。翌2003年にはシャルレ女性奨励賞の助成金で、初めて6日間の
    フリーコール電話相談を行っている。受付時間は10:00~17:00。26団体が参
    加している。6日間の架電数は672件。その内312件が相談につながっている。
    このホットラインの振り返りで、「虹」は次のように述べている。
    ・・・今後もこのような社会啓発的なイベントを実施するためには、企業
    助成金等を獲得するということが前提となり、少人数のスタッフで多忙を極
    めている民間団体にとっては、大変な作業です。DV電話相談を共通番号の
    フリーコールで行う事業を、民間団体が行政から委託事業として請け負うこ
    とができれば、民間団体は、電話回線使用料や相談員の人件費にあてること
    ができます。・・・・
    翌2004年「フィリップ・モリス・ジャパン社」からフリーコール料金の
    助成を得て通年でのフリーコールのホットラインがスタート、14年に渡って
    続けられることになる。一つの電話番号にかかってきた相談電話を各地の拠
    点で受けるという形式での通年のフリーコール相談電話は、このホットライ
    ンが最初と聞いている。
    2010年以降に「虹」のメンバーにホットライン開設の経緯について話
    を聞いたことがある。そのときに強く印象に残ったのは、「全国で共通番号の
    相談電話があれば、絶対に被害者に役に立つ」という彼女たちの強い確信と
    情熱、行動力だった。2010年当時の形に落ち着くまでのさまざまなトラブ
    ルや困難は、その確信と情熱、行動力により乗り越えられている。「虹」のメ
    ンバーが夢想した行政の委託によるホットライン事業は、現在「よりそいホ
    ットライン」で実現されている。「虹」は既に解散し、「よりそい」につなが
    る、そして14年に渡ってDV被害女性を支え続けてきたDVホットラインは
    人々の記憶から消えていくこととなる。このように最初の誰かの情熱によっ
    て産みだされ、時代の変化により使命を終えていった活動は他にも少なくな
    い。忘れ去られていく、それらの活動の精神は異なる名前で、または異なる
    形で引き継がれている。今の活動には、そこにつながる「最初の誰かの情熱」
    があり、「虹」がそうであったように先駆者の困難があったであろうことを忘
    れずにいたいと思う。

     

    *「パタパタ日記」は理事が持ち回りで執筆しています。
     

    << | 2/119PAGES | >>