これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年3月1日のぱたぱた

0

    気がつけば梅が咲いてもう3月。この月日の過ぎる早さに毎度慌てている。

    春を迎えることなく父親からの虐待で命を奪われた少女と母親の事件が胸に

    迫る。

    野田市の虐待死事件を取り上げて、私たち一人ひとりが本気で取り組まね

    ばと書かれた前回のメルマガを再度読んだ。本当にうなずくばかりである。

    この事件は誰の胸にも重くひびく。そしてたくさんの課題を突きつける。

    DV加害者が妻への支配を強固なものにするために“子どもを巻き込んだ

    暴力”を使うことは、DV被害者支援に関わる人たちにとってよく知られて

    いる。その支配の仕組みを理解することもむずかしいことではない。それぐ

    らいDV加害者は、妻や子どもを支配するときに“子どもを巻き込んだ暴力”

    を頻繁に使う。その方法は「別れるなら子どもは渡さない」と子どもを取り

    上げるものから、父親に服従しない子どもを見せしめとして暴力に晒し続け

    たり、子どもに母親を攻撃させたり、母親に子どもへの虐待を仕向ける巧妙

    なものなど、その非常なやり方は限りなくある。母親や子どもへ及ぼす影響

    は計り知れない。そして、その仕組みはどれも共通している。被害者はトラ

    ウマを抱えDVの支配から離れられなくなる…。それは加害者にとって最も

    支配に効果的な暴力でもある。

    野田市の虐待死事件は継続するDVの中で起きた虐待死事件である。母親

    と子どもはこれまでにも何度も支援につながる機会があったにもかかわらず、

    安全につながるための支援は実現されないままだった。助けを求めた子ども

    は命を落とし、母親は逮捕される。被害者を守れない、被害者に届かない被

    害者支援とはいったい何なのだろう。法制度や支援体制があっても、機能し

    ているとは思えない支援の現状がある。

    高校生の少年が、暴力を振るう父親を殺害した事件もあった。その判決で

    裁判長は少年や母親に対する父親の暴力があったとDVを認めたうえで「他

    に取り得る手段があり短絡的で正当化できない」とした。少年に対して他に

    取り得る手段はあったとするなら、殺人を犯すまでに追い詰められる少年や

    母親を守るために執り得る支援の手段がこの社会の支援の側にあったのかと

    問いたい気持ちになる。

    DV被害を経験した多くの女性や子どもたち、DVの渦中にいる多くの女性

    や子どもたちは、これらのニュースをどんな思いで聞いていることだろう。

     被害者の安全のための情報、法制度、支援体制は、被害者に有効に使われ

    てはじめて活きる。相談員、各関係機関の職員が、DV・虐待への正しい理解、

    暴力は許されないという意識をもつこと。被害者のために必要な関係機関の

    連携システムが、被害者の安全の実現のためには必要だ。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

    2019年2月15日のぱたぱた

    0

      この原稿を書いているのは214日、私には本命チョコも義理チョコも関

      係ないが、今朝の朝刊を読んで思うところから。

      「保護者の体罰防止へ 虐待防止 東京都、新条例案」 東京都は保護者によ

      る体罰や暴言の禁止を規定した「子ども虐待防止条例案」を提出すると発表。

      罰則規定はない。保護者の体罰禁止を規定した都道府県条例は初。(毎日新聞)

       

      千葉県野田市の虐待死事件を受け、厚生労働省、文部科学省、はじめ各自治

      体が対策を講じている。しかし、「体罰は虐待」―当たり前すぎると感じたの

      は筆者だけだろうか。これまで出してきた自治体の条例には明記されていな

      くても認識されていたわけではなかったのか。これでは身体的虐待と異なり

      目に見えない精神的虐待を理解するセンスはどれくらい社会にあるのだろう

      かと疑念がわく。

      フェミニストカウンセリングにおいても「DV家庭には虐待あり」と声を上

      げ、「面前DV」の深刻な問題の理解を広げてきた。野田市の虐待死事件で母

      親が逮捕されたが、「虐待の陰にDVあり」であることは、このメルマガの読

      者とは当然のこととして共有できると思う。この母親はDV被害者である。

      DV被害者が、加害者である夫(子の父親)から子どもが虐待されている状

      況で動けなくなること、子どもを守れないこと、抵抗できないこと、そして

      「迎合」してしまうこと・・・。これらはよくあるDV被害のトラウマ反応

      である。子どもを連れて避難した後も、そのことをDVサバイバーたちが自

      責し苦しんでいることを数多く聞いてきた。

      無念で口惜しいが被害児童の命は取り戻せない。潜在している多数の母子の

      心身の安全につなげる責任は誰もが負っていると考える。私は私の立場から、

      DV被害者としてこの母子が加害者から離脱する心理的社会的支援方法を検

      討しなくてはならない。

       

      たとえ命の危機を越えて別居にたどり着いても、DV被害者は子どもの面会

      交流等を介して、加害者がふるうDVの渦中から逃れられないことが多い。

      家父長制が根強く残る民法のもとで、「子どもの福祉にかなう」として、別居

      している親との面会交流の原則施行が推進されている。このことでDV被害

      母子には苦悩が延々と続いていることに思いを馳せて欲しいと思う。

      離婚した父母のどちらかのみが親権をもつ「単独親権」について、「親子間の

      断絶を生む」などとして憲法違反を訴える裁判が、現在最高裁で争われてい

      る。子どもの人権も女性の人権も軽く扱われている日本では、「共同親権制度」

      が家父長制の復権とつながる。DVや虐待が助長される危機が伴なうだろう。

      かたや1月末には、虐待等で実親と暮らせない子のための特別養子縁組制度

      の見直しで、対象年齢(原則6歳未満)を原則15歳未満に引き上げること

      を柱とする法制審要綱案が出た。「児童虐待増加のなか、子の福祉の増進と永

      続的な家庭を保障すべき状況」という有識者会議の報告書での指摘を受けて

      いる。虐待を受け、実親との法的な関係の解消を望む子どもの存在があると

      のこと。普通養子縁組とは異なり、実親との法的な親子関係が消滅し、戸籍

      上は養親の「実子」扱いになる。

       

      『子どもの福祉』をしっかり支えられる社会に成熟しなくては〜!と思う。

      司法も政治もウォッチングを続けよう。日本版パリテ(政治分野における男

      女共同参画推進法)、私たち一人ひとりが本気で取り組まねばと、決意表明す

      るバレンタインの夜だ!

       

      *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

      2019年2月1日のぱたぱた

      0

        昨秋、今年の冬は暖冬と言ってませんでしたっけ?

        寒い毎日です。インフルエンザも暴れまくっているようで、最近聞いた珍し

        い言葉「職場閉鎖」。学校(学級)閉鎖は当たり前ですが、職場閉鎖とは…。

        ホントに猛威をふるっているのですね。梅の開花も間もなくでしょうが、み

        な様ご自愛ください。

        1日は毎月「映画の日」ですね。

        11日も執行代表が映画の紹介をしていました。

        今回も映画です。

        LGBT関係の映画試写会に昨年末から足を運んでいます。

        12月は、LGBTの人たちの生きざまなどを描いたドキュメンタリー映画『私

        はワタシ〜over the rainbow〜』。製作は女優・東ちづるさんが代表を務める

        一般社団法人Get in touch

        監督は挿入歌やエンディング曲の作詞・作曲も手掛けた増田玄樹さん。

        ピーターさん、はるな愛さん、清貴さんなどの著名人や活動家たち50人に

        インタビューし、「自分」として生きることを模索し続ける人たちの生きざま

        を描いています。性のあり方はひとりひとり異なり、その境界も曖昧だと。

        そんな性のグラデーションや多様性は試写会に行くたびに(3回)新しい発

        見がありました。

        またこの映画は、LGBT教材として制作、学校へ届けたい!という活動も行

        っています。多くの子どもたちのもとに届くことで、「ふつう」を疑うことの

        できる人が増えていくと良いなと思って、応援しています。

        2つ目は『カランコエの花』。

        昨年の東京レインボーリール映画祭(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)で

        のグランプリ受賞をはじめ、多数の賞を受賞(グランプリ6冠、計13冠)。

        LGBTを取り巻く課題を「周囲の人々」の視点から描いています。39分の短

        編映画ですが、高校生のリアルな心の葛藤を描き、LGBT当事者への向き合

        い方、社会のあり方について考えさせられる作品です。

        脚本・監督は中川駿さん。

        LGBTなど性的少数者に対する周囲の「配慮」が、逆に当事者を傷つける可

        能性もある。そんな難しいテーマを繊細に描いた短編映画です。

        こちらも試写会に2回行きましたが、2回目は監督の中川さんと話す機会が

        あり、当事者の取材なしで作成したという事にビックリ。監督の友人に「異

        性愛だったらわざわざ取材しないはずだ。その考えが差別的」と言われたこ

        とが強く響いたそうです。

        自主制作で大ヒットした映画「カメラを止めるな!」をもじった「#カラン

        コエを止めるな」のハッシュタグも登場しています。DVD化も決まり、皆さ

        んにも是非見ていただきたい作品です。

        最後におまけですが…ボヘミアン・ラプソディを。

        音楽は勿論ですが、フレディとメンバー。フレディと恋人。そして家族、ス

        タッフ、観客、猫。そしてセクシュアルティ。

        75000人の観衆が埋め尽くすスタジアムでの命懸けのパフォーマンス。伝

        説的ライブのスペクタクルが、映画館がまるでスタジアムの一角といった感

        じでした。ラスト20分は鳥肌と涙。

        今年の東京レインボーパレード(4月28日)のフロート音楽はクィーンに

        決まりかな?!

        映画、深いですね! サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ(笑)

         

        *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        << | 2/32PAGES | >>