これまでの歩み

フェミニストカウンセリングとは

フェミニストカウンセラー資格

スーパーバイザー派遣事業

フェミニストカウンセリング・
アドヴォケイター資格

女性への暴力をなくそう

セクハラQ&A

ぱたぱた日記

書籍のご案内

活動グループ

 

 

 

ぱたぱた日記

 

 

search this site.

2019年1月1日のぱたぱた

0

    皆さま、あけましておめでとうございます。災害が多かった2018年を経て、

    平成最後の元旦をどのようにお過ごしでしょうか?

     

    今日は映画の日。12月に観た映画で記憶に残った2作品をご紹介します。

    一つは2018年ノーベル平和賞を受賞したコンゴ民主共和国(旧ザイール)

    のデニ・ムクウェグ産婦人科医のドキュメンタリー映画『女を修理する男』

    2015年/ベルギー)。アフリカ中部に位置するコンゴ民主共和国はレアメ

    タル(希少金属)と呼ばれるIT機器に欠かせない金・スズ・タングステン・

    タンタルといった“紛争鉱物”が産出される国です。ルワンダの民族紛争に

    端を発した内戦は、コンゴ民主共和国を巻き込み、“紛争鉱物”の奪取を競う

    国際紛争へと戦闘が激しくなっていきます。武装集団の活動軍資金とするた

    め、その土地を奪い支配するために兵士たちは女性や少年を襲い、性器を刃

    物で傷つけるなどを含む残忍な性暴力によって人々を立ち退かせていくので

    す。ムクウェグ医師は被害に遭った女性達の手術を行い、一人でも多くの女

    性の命を救うために、自身にも命の危険がある中病院スタッフとともに活動

    を続けています。一方で紛争下の性暴力を『性的テロリズム』であると全世

    界に向けて告発していくムクウェグ医師の姿が何度も映し出されます。あま

    りの惨さに目を覆いたくなるような命や尊厳を踏みにじる不条理な『性的テ

    ロリズム』の犠牲の上に、先進国の富があり、私たちが日常使っているパソ

    コンや携帯電話にも“紛争鉱物”は使われているのです。

    映画の上映会の後、“紛争鉱物”に関しての説明や映画について質疑応答の時

    間がありました。説明の中で「私たちに何ができるのか?」について、ヾ

    心を持ち続けること、⊂霾鵑鮟犬瓩襪海函↓“紛争鉱物”を使わない製品

    の情報を収集すること、と話されました。例えば2020東京オリンピックの

    メダル材料に携帯電話等に使われている金属をリサイクルして活用する方針

    が発表されています。

    私は被害に遭った少女たちが家から追い出されたり、白い目で見られたり、

    居場所を失くして気力を失っている映像を観て、これほど性暴力被害が起き

    ているのに「レイプ神話」がはびこっている状況が理解できませんでした。

    それを質問すると、今でも「レイプ神話」は人々の意識の中に残っていてレ

    イプ後に出産した子どもは「蛇の子」などとなじられるのだそうです。加害

    側の責任なのに、ここでも被害に遭った側が責められるのかと暗澹たる気持

    ちになり、この地で今も活動を続けているムクウェゲ医師に心からの敬意を

    表し、関心を持ち続けようと思います。

    もう一つは『ダンガル きっと、つよくなる』(2016年/インド)。実話を元

    にした娯楽作品ですが、自分が果たせなかったレスリング(=ダンガル)で

    金メダルを獲る夢を娘二人に託した熱血父親と娘二人の物語です。まさにス

    ポ根もの、まるで『巨人の星』の娘版とも評されていますが、インドにおけ

    る女性の地位を考えさせられます。インドの女性は14歳になると見知らぬ

    男性と結婚し家事と子育てで一生を過ごすという因習が今でも残っているな

    か、周囲の偏見や興味本位のヤジなどものともせずに立ち向かっていく父と

    娘の姿に胸が熱くなります。決勝戦前夜に父親は娘に「敵は相手ではなく、

    自分自身であり、女性を下に見るすべての人間だ」と語ります。世界の中で

    も人口が増え続けているインド、IT産業が盛んで成長著しい国ですが、女性

    をめぐる状況は厳しく、この映画を観たインドの女性たちは何を受け取った

    のだろうかと思いました。

     

    さあ、新たな年の始まりです。2019年も日本フェミニストカウンセリング学

    会をどうぞよろしくお願いいたします。

     

    *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

     

    2018年12月15日のぱたぱた

    0

      夜中に目覚め布団の中で、あれこれ思いを巡らしていると益々頭は冴え気づ

      けば5時を過ぎていた。このところ眠れない日が続いているし耳の調子も良

      くない。4年前に突発性難聴の経験があり、発症直後の受診が重要と知って

      いたが延び延びになっていた。医師は聞きなれない病名を告げ、「睡眠をとる

      こと。仕事をセーブしなさい」と言った。毎年、女性に対する暴力をなくす

      運動がある11月前後は講師依頼が集中するが、所属する支援団体へ突然の

      支援要請が入ればタイトな時間であっても優先して動く。「民間は柔軟で小回

      りが利く」と評されれば、それが民間の存在意義と思う半面、時間的・物理

      的制限がないからで、それだけに支援者の熱意だけで回っている側面もあり、

      疲弊する支援者もいる。そのうえ行政の様に組織として守られることもなく

      危うい限りだ。

      今年も「デートDV」の出前講座が続いている。各校から受講後のアンケー

      トが届くたびに「デートDVを知らなかった」「思っていたこととは違ってい

      た」と答える生徒は7割以上もいる。自由記述では生徒たちの理解が深まっ

      たことが分かる。かなりの高率でデートDV被害者・加害者になりうる子ど

      もたちに伝えたいと、アンケートが届くたびに思う。そしてDV被害者支援

      団体を仲間と立ち上げた発端は、婚外子である事を隠し続けて生きていた私

      に「生まれ方で差別されることは無い。あなたのままで良い」と支えてくれ

      た女性たちによって、少しずつ「自分」を「母」を許す事ができたが、DV

      被害を知った時に痴話げんかと放置する社会に、婚外子差別と同じ構造「差

      別は体制の維持装置」と感じたからだ。少し体調が良くなり気力も戻ってき

      た。もう少しやっていこうと思う。   

       

      *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

      2018年12月1日のぱたぱた

      0

        気がつくと日が落ちています、夜が長い季節になりました。

        12月は、母が亡くなった月です。母の病室から見た黄色い銀杏の木は、忘れ

        ることができないものの一つです。今年も、少し離れた公園でベンチに座り、

        黄色く色づいた銀杏の葉が舞い落ちる様子を見ています。

         巷では、終活という言葉をよく耳にしますが、少し気になりどのようなこ

        とか、調べてみました。終活(しゅうかつ)とは「人生の終わりのための活

        動」の略。人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるに当たって執る

        様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉であるとありました。

        生きることは、全ての人が自らの死に向かって歩いていることです。しかし

        年齢、心身の状態によって、その感じ方はやはり異なってくることでしょう。

        母が亡くなるまでは、終活という言葉も自分のこととは受け止めてはいませ

        んでした。しかしふと気が付くと、資料の入ったカバンが重い!歩いている

        と靴が窮屈に感じる!洋服は緩いほうが楽!などを感じるようになってから

        は、自分もその時期に入った!?

        そう思いながら身の回りを見渡すと、部屋は本と資料の紙でいっぱい。着

        なくなった洋服、履かない靴・・どうしたものか。

        まず資料の片づけからと動きはじめました。手に取り、読んでいると、気

        がつくと時間が過ぎています。FCに出会った頃の資料は古く色あせていま

        す。でもそこには一生懸命、苦しみながら(今でも同じですが)何かを探し

        ている自分がいっぱい詰まっています。そしてその内容は、FCの原点では

        ないかと思われるものが沢山ありました。

        新しいことを学び、変化についていくことも大切なことではありますが、

        今までのものをもう一度見直していく作業も必要ではないかと感じました。

         何を整理し、何を残すか・・自分の抱える力にも限界を感じています。少

        しずつ整理し、まとめていく作業の始まりだと感じます。

         でも・・片づけなければ・・・・

         

        *「ぱたぱた日記」は理事が持ち回りで執筆しています。

        << | 2/30PAGES | >>